NEWS

藤井四段の写真、まるで『無罪モラトリアム』?報道陣による「もみくちゃ」は、過去にもたくさんありました。

2017年06月27日 16時27分 JST

史上最年少で中学生のプロ棋士・藤井聡太四段(14)が6月26日、東京・千駄ヶ谷の将棋会館で開かれた「第30期竜王戦」の決勝トーナメント1回戦で増田康宏四段に勝ち、デビュー戦から負けなしで「公式戦29連勝」を達成した

この歴史的快挙を取材しようと、将棋会館には40社100人の報道陣が集まった。

藤井四段の快挙を伝えるニュース写真には、たくさんの報道関係者が映り込み、Twitterでは椎名林檎のアルバム『無罪モラトリアム』のジャケット写真を想起させるといった声もあがった

▼藤井四段を囲む報道陣と『無罪モラトリアム』のジャケット写真

fujisota

「歴史的瞬間」や「話題の人物」に報道陣が集結するのは世の常だ。

東京地裁へ向かう"ホリエモン"こと堀江貴文・元ライブドア社長や、実刑が確定した鈴木宗男・元衆院議員、ロッキード事件で逮捕された田中角栄・元首相など、取材陣にもみくちゃにされる人々の姿を集めた。

「報道陣にもみくちゃにされる瞬間」


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら