NEWS

異色肌ギャルとは? 「ウチらが一番カワイイし」ド派手メイクの理由を聞いてみたよ。

2017年06月28日 23時55分 JST | 更新 2017年06月29日 00時10分 JST

isyokuhada

顔や身体を赤や緑、水色、黄色、紫、…と鮮やかな色でメイクする「異色肌ギャル」。舞台や撮影で使われる「ドーラン」を使った派手な色は、思わず二度見してしまう華やかさだ。

「ウチらが一番カワイイし」という言葉とともにTwitterに投稿されたmiyakoさんの写真は、「新しい世界観」「最高の極み!」などと大きな反響を呼んだ。

「異色肌」というのは元々、アニメやゲームなどに登場する、人間とは明らかに異なる色の肌を持ったキャラやその肌の通称である。

「異色肌」をギャルファッションに組み合わせて広めたmiyakoさんに、ハフポスト日本版が取材した。

——どのような経緯で「異色肌ギャル」が生まれたんですか?

最初は、一部のコスプレイヤーやモデルがぽつぽつと始めていたのを見ていて、私も1人で静かにアニメやゲームの異色肌キャラのコスプレをしていました。いつのまにかモデル仲間やクリエイターのお友達などの繋がりでこんなに仲間ができました。

これくらいの規模の集団での異色肌で揃えたコスプレはレアだと思ってます!

元々原宿系やデコラ(※)の方々、ガングロのギャルの皆さんに憧れていて、「"派手髮"の次は"肌派手"してみない!?女の子の派手な肌見たくない!?」みたいなノリです。

——miyakoさんは普段からギャルメイク・ギャルファッションなんですか?

えっ、、普段はただのオタクです…。ゲームと漫画が中心で、アニメも好きです。映画はニワカオタクかな。

ただギャルへの憧れはずっと持っていて、小学校の頃にシノラー、ゴスロリと経て、中学生の時にギャルもどきになりました。だけど根がオタクなので全然垢抜けなくて、ずっとギャルに憧れてたんです。

miyako

普段のmiyakoさん

——miyakoさんはギャルのどんなところに憧れてるんですか?

ギラギラしてて、オシャレで、強くて、流行で、かっこいいし、かわいいし、派手じゃないですか。"星"って感じです。ミラーボールかなぁ?

オタクな私はそれに憧れて、理想を演じてますね。

私が小さい頃は一大コギャルブームで、有名なモデルさんも黒ギャルだったりしてました!ギャル雑誌、パラパラも全盛期で…小さい頃から私もそうなるのを夢見てたんです。

miyako

——派手なメイクは、目立つことが目的なんですか?

派手なメイクをすることってある意味メイクセラピーの効果があると思っています。これは、普段の抑圧された地味な自分からの解放なんです。

——Twitterでの反響、どう感じていますか?

(一緒に異色肌メイクしているメンバーは)絶対絶対みんな超かわいくて、たくさんの人にかわいいみんなを見て欲しかったからすっごく嬉しい。

みんな変わった生き物見て楽しんでくれてるかなーっ?

miyakoさんは「本来のキャラではないけど」としながらギャル口調でコメントを締めくくった。

miyako

miyako

(※)デコラ:原宿を中心に流行した、カラフルでチープなアイテムをデコラティブ(装飾的)に身にまとうファッション。プラスチック製のヘアピンやブレスレットなどの重ね付けなどが象徴的。

▼画像集が開きます▼

原宿、70's~


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら

関連記事

最上もが、ロン毛のギャルに変身 「神がかった可愛さ」