稲田朋美防衛相が「自衛隊としてお願い」撤回、陳謝も辞任否定

投稿日: 更新:
INADA
定例の記者会見で、記者の質問を聞く稲田朋美防衛相=30日、防衛省  撮影日:2017年06月30日 | 時事通信社
印刷

稲田防衛相、辞任を否定 「自衛隊発言」を改めて陳謝

 稲田朋美防衛相は30日午前の閣議後会見で、27日に東京都板橋区で行った都議選の応援演説で「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と発言したことについて「この場において改めて『防衛省、自衛隊、防衛大臣』の部分は撤回し、おわび申し上げる」と述べ、陳謝した。その上で、改めて自らの辞任を否定した。

 稲田氏は27日夕に板橋区で行った応援演説で「(演説会場の)板橋区ではないが、隣の練馬区には自衛隊の師団もある」と指摘。「自衛隊・防衛省とも連携のある」として自民党公認候補の実名を挙げたうえで、「防衛省、自衛隊、防衛大臣、自民党としてもお願いしたい」と述べた。

 稲田氏は演説後の同日深夜、記者会見して「(発言を)撤回したい。防衛省、自衛隊に限らず、政府の機関は政治的にも中立で、特定の候補者を応援することはあり得ない」と述べた。

(朝日新聞デジタル 2017年06月30日 11時42分)
関連ニュース
asahi shimbun logo
(朝日新聞社提供)