【藤井聡太四段】豚キムチうどん、担々麺...これまでの対局で食べたメニューを一挙紹介

投稿日: 更新:
印刷

デビュー以来無敗で、公式戦29連勝の快進撃を続ける藤井聡太四段(14)。7月2日の竜王戦決勝トーナメント2回戦では、30連勝を懸けて佐々木勇気五段と対局する。

藤井四段といえば、その快進撃もさることながら、対局の際に注文する食事にも注目が集まっている。これまでの対局で食したメニューを振り返ってみよう。

■【デビュー戦】2016年12月24日竜王戦6組(vs 加藤一二三九段)
昼食 みろく庵「味噌煮込みうどん」


夕食 紫禁飯店「卵チャーハン」

■1月26日棋王戦予選(vs 豊川孝弘七段)
昼食 「肉ぶかっけそば」

肉ぶっかけそば

tatsuya sendaさん(@tatsuya.senda)がシェアした投稿 -


■2月9日竜王戦6組(vs 浦野真彦八段)
昼食 小雀弥(こがらや)「黒毛和牛カレーうどん」


■【公式戦10連勝】3月10日新人王戦(vs 大橋貴洸四段)
昼食 「カレー定食(うどん)」


■3月16日竜王戦6組(vs 所司和晴七段) 昼食 「つけとろろそば」 ※日本将棋連盟LIVEの対局記録では、「みろく庵」ではなく「ほそ島や」としている。

夕食 みろく庵「肉豆腐定食」


■3月23日棋王戦予選(vs 大橋貴洸四段)
昼食 「天盛りそば 」

tenpura soba
※写真はイメージです。

■4月4日王将戦予選(vs 小林裕士七段)
昼食 「天丼」


■4月13日竜王戦6組 (vs 星野良生四段 )
昼食 「汁なし担々麺」
dandan noodles
※写真はイメージです。

夕食 「肉なん定食」

no

■4月26日棋王戦予選(vs 平藤眞吾七段)
昼食「エビフライ&クリームコロッケの盛り合わせ (サービスランチ)」


■5月1日竜王戦6組準決勝 (vs 金井恒太六段)
昼食 ほそ島や「カレーライス」


夕食 みろく庵「若鶏唐揚定食」


■5月3日新人王戦(vs 横山大樹アマ)
昼食 「冷たいぶっかけそば」


■5月12日王将戦一次予選(vs 西川和宏六段)

昼食 「うどん定食(特製玉子かけご飯)」


■5月25日竜王戦6組決勝
昼食 紫禁飯店「五目やきそば 」(vs 近藤誠也五段)


夕食 ほそ島や「チャーシューメン」


■6月2日棋王戦予選(vs 澤田真吾六段 )
昼食 イレブン「珍豚美人(チントンシャン)」


■6月15日順位戦C級2組(vs 瀬川晶司五段)
昼食 小雀弥「ぶっかけそば&いなりずし」

卵かけごはん&ぶっかけそばセット めちゃうまー(´∀`)! #小雀弥

mitsugo9さん(@mitsugo9)がシェアした投稿 -


夕食 やまがそば「他人丼・冷たいそばセット」

■6月21日王将戦一次予選(vs 澤田真吾六段)
昼食 小雀弥「胡麻味噌とじうどん」


【公式戦29連勝】■6月26日竜王戦決勝T1回戦 (vs 増田康宏四段) 
昼食 みろく庵「豚キムチうどん」


夕食 紫禁飯店「わんたんめん」


■7月2日竜王戦決勝T2回戦 (vs 佐々木勇気五段) 
昼食 みろく庵「冷やし中華大盛り」


夕食 みろく庵「若鶏唐揚げ定食」

振り返ってみると、藤井四段の食事メニューは、やはり麺類の注文が多いようだ。

29連勝を達成した6月26日に「ニコニコ生放送」で対局解説を務めた谷川浩司九段は、「棋士は麺類が多いですかね。早く食べられて消化にも良さそうなものを、と。私もそうですね」と番組内で解説していた。

読者の中には、「なぜ棋士の食事に注目が集まるのか」と疑問に思う方もいるだろう。だが、「たかが食事」と侮るなかれ。意外かもしれないが、将棋ファンの間では、棋士の食事が観戦ポイントの一つとして定着している。

食事には、棋士の個性が表れることが多い。6月に現役を引退した加藤一二三九段は大食漢で知られ、「昼も夜も、うな重」の伝説で有名だ。棋士の食事を題材にした松本渚さんの漫画『将棋めし』も人気が広がっている。

時には、食事の選択が勝負の趨勢を分けることもあるようだ。『将棋めし』の監修を務める広瀬章人八段は「自分より格上のうな重を注文され、やられたと思った。劣等感から対局も負けてしまった」と、自身の体験談を産経WESTの取材に語っている。

たかが食事、されど食事なのである。

参考:「将棋連盟LIVE」

▼藤井聡太画像集が開きます▼

Close
史上最年少プロ棋士・藤井聡太四段
/
シェア
ツイート
AD
この記事をシェア:
閉じる
現在のスライド


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら