NEWS

サントリーのビールPR動画、批判相次ぎ公開中止に 「都合のいい女性像を性的に表現」の声

2017年07月07日 23時55分 JST | 更新 2017年07月08日 23時04分 JST

サントリービール株式会社が7月7日、新発売したビールのPR動画の公開を中止した。動画は『絶頂うまい出張』と銘打たれ、全国各地を舞台に女性のアイドルやタレントがご当地グルメやビールを味わうという内容で、「下品で差別的」といった批判が相次いでいた。

suntory

非難の声が相次いだサントリーのPR動画より

公開中止になった動画は、新商品ビール「頂(いただき)」のPR目的でつくられたもの。7月初旬にサントリーの公式サイトやTwitterで公開された。人気出張先である北海道・東京・神奈川・愛知・大阪・福岡の6都市を舞台に、女性たちがビールを飲み、"幸せの絶頂へ向かう"様子を描くという内容だ。

サントリーのプレスリリースには「人気の出張先で、ご当地グルメや方言を肴に、『頂〈いただき〉』の魅力を伝えます」と記されており、総集編の動画と、各都市ごとの動画6本が公開された。

▼サントリーの公式Twitterアカウントより。公式サイトに掲載されていた動画は7日に削除された。

動画では出張先で女性と出会い、食事をともにする様子が"体感"できるように描かれており、出演した女性たちは「二人っきりになっちゃいましたね」「肉汁いっぱい出ました」といったセリフを口にしている。商品のおいしさを表すために「コックゥ〜ん」という表現を使い、動画の最後は「コックゥ〜ん!しちゃった・・・♡」という言葉と女性の顔をアップにした映像で締めくくられている。

suntory

この動画がサントリーの公式Twitterアカウントに投稿されると、「男性にとって都合がいい女性像を性的に表現している」「気持ち悪い」など女性を差別的に扱っていると指摘するコメントが相次いで寄せられた

こうした意見を受けてサントリーは7日、公式サイトから動画を削除した。お詫びとして、「今回皆様からいただいたご意見を真摯に受け止め、今後の宣伝活動に活かして参ります」とコメントした。

suntory

■見た人は、どう感じるのか?男性の意見を聞いた。

この動画には、女性に限らず男性からも不快感を示す声が挙がった。"男性目線"で女性像が描かれているという点で非難が相次いだが、男性たちは、このPR動画についてどう感じるのか。ハフポスト日本版は、21歳の一般男性(大学生)に意見を聞いた。

——このPR動画を見てどう感じましたか?

女性を出張先の「ご当地品」のように扱っているように感じ、下品な表現もあり、不快です。

——“男性目線“でこの動画を見たとき、いいなと思いますか?

いいな、と全く思いません。特に「女性の活躍を支援する」と謳っているサントリーが、女性を見下すような広告を作っているのはとても残念です。

——この動画はなぜ炎上してしまったのだと思いますか?

女性を「ご当地品」扱いし、バカっぽくし、(AVを連想させるような)下品なニュアンスを使うーー。これは制作者側の女性に対する蔑視や、あるいは無理解によるものではないでしょうか。どちらかといえば前者だとは思います。オムツCM(※)の「無知」による炎上とは違い、女性に対する蔑視が感じられます。

(※)2017年5月に公開されたユニ・チャームのおむつブランド「ムーニー」の広告動画のこと。母親がひとりきりで子育てに取り組む「ワンオペ育児」を肯定的に扱っているのでは?と批判が集まった。ユニ・チャーム広報室の担当者は、ハフポストの取材に対し、「本来の意図はリアルな日常を描き、(ママたちを)応援したいという思いだった」として、取り下げなどは予定していないと回答した。

この動画について、メディア文化論やジェンダー論を専門とする大妻女子大学の田中東子・准教授にも見解を聞く予定だ。田中准教授のコメントも、のちほど追記する。

【追記 2017/7/9 10:30】

大妻女子大学の田中東子・准教授はサントリーのPR動画について、「女性だけではなくて、男性のことも侮蔑しているように感じます。地方出張をした男性が、仕事とは別に『異性との出会い』も期待していると想起させるような動画にも見える」などとコメントした。田中氏の見解を以下の記事にまとめた。

サントリーPR動画が炎上。「男性も侮辱」「なぜ社内でOKが出たのか」