NEWS

G20、トランプ氏の席に娘が座る「おかしい」と疑問の声も

2017年07月08日 23時23分 JST | 更新 2017年07月08日 23時36分 JST

ドイツ・ハンブルグで開かれた首脳20カ国・地域首脳会議(G20)で、トランプ大統領の席に代役として長女イバンカ氏が座る一幕があった。首脳が不在の場合に代役を立てることは珍しくないが、それを家族が務めることに対して疑問の声があがっている。

CNNによると、会議に参加したロシアの関係者が、8日に開かれた会議の様子を撮影した写真をTwitterに投稿。そこには、中国の習近平国家主席とイギリスのテリーザ・メイ首相との間に座るイヴァンカ氏が写っていた。投稿者は「首脳会議のため席を離れたトランプ氏の代わりに席に着いた」とつづった。(この投稿は既に削除された)

アメリカの政府高官は、「イヴァンカ氏は初めは後ろに座っていたが、トランプ氏が離席すると、首脳陣のテーブルに移動した。他の国のリーダーが離席した際も、別の人間が代わりに座っていた」とCNNの取材に答えた。

ワシントンポストによると、イヴァンカ氏は、アフリカ開発や移民になどに関する会議で、離席した父親の代わりに着席した。

国際会議の場では会議に並行して首脳会談を開くことが多いが、同行する政府高官や、会議の内容を担当する大臣が代役を務めるのが通常だ。そのためイヴァンカ氏が出席するのは珍しいケースであると、ワシントンポストが指摘している。

一方でイヴァンカ氏は現在、ホワイトハウスの大統領補佐官を無償で務めている。

イヴァンカ氏が首脳会談に参加したのは初めてではない。夫でトランプ氏の助言役でもあるジャレッド・クシュナー氏とともに6日、メルケル首相との首脳会談に同席したと、政府関係者の話としてワシントンポストが伝えている。

こうしたイヴァンカ氏の対応について、疑問の声があがっている。前オバマ政権時の外交官だったマイケル・マクファル氏はTwitterで、「これはおかしい。とても変だ」と苦言を呈している。また、トランプ氏の批評家でロンドン大学研究員のブライアン・カラアス氏も「選ばれてもいない、資格もない娘が、アメリカを代表してG20サミットに出席している」と皮肉った。

一方メルケル首相は、「イヴァンカ氏はアメリカ代表団の一員なので、他の一員がするのとなんら変わりはない。彼女がホワイトハウスで職務に就いて、特定の問題に関わっていることはよく知られている」とCNNの取材に対して答えた。


■関連画像集「イヴァンカ・トランプさん」

イヴァンカ・トランプさん


【※】スライドショーが表示されない場合は→こちら