NEWS

ストリートアーティストJace氏がモロッコに登場(画像集)

2017年07月14日 17時14分 JST | 更新 2017年07月14日 17時47分 JST
JACE

国際的に有名なフランス人のグラフィックアーティストJace氏が、モロッコの都市・マラケシュにやってきた。Jace氏は自身のサイン代わりでもあるキャラクター「グズ」――顔のないオレンジ色の小さな人物――を「黄土色の街」の壁に描いた。プロジェクトはアート財団「モントレッソ」、フランス政府公式機関「アンスティチュ・フランセ」、モロッコの芸術祭団体「アワルン・アート」の協力で実現したものだった。

「わたしは2014年に、『ジャルダン・ルージュ』(赤い庭、マラケシュにあるアーティスト・レジデンス)にやって来ました。その時に、このメディナ通り(モロッコの旧市街)のストリートアート計画をディレクターと話し合ったのです」。Jace氏はハフポスト・モロッコ版にこう明かした。それから足掛け3年、作品を描くのに必要なすべての認可を得て、プロジェクトは実現にこぎつけた。

新作15点がマラケシュの壁を彩っている。「私は自由に表現しましたが、それでも作品が、モロッコの全体的な雰囲気と人々のアイデンティティと調和するよう努めました」。Jace氏の作品コースは、ユダヤ人街・メラーのシナゴーグから始まる。「ユダヤ人コミュニティの代表者が、その地区の歴史を案内してくれました。シナゴーグの内部にある、ユダヤ教徒とムスリムがとても仲良くしている1枚の写真が私に強く訴えかけました。そこで今回、そのイメージを両者が一緒にお茶を飲んでいる姿で再現したのです」。Jace氏はこう語る。

jace

奇妙なイラストで飾られた作品コースは全長約1.5kmにわたり、歩行者の注意を引きながら、最終的にはユダヤ人墓地のほうへと至る。「歩く人をあっちこっちに行かせないために、コースはかなり凝縮しています。ルートの定められた観光小道でなどはなく、気ままな散策を誘うものなのです」。Jace氏はこう強調する。

マラケシュは、首都のラバトやカサブランカほどストリートアートが盛んではないものの、現地の人々はJace氏の仕事を非常に歓迎したようだ。「私は1回か2回、写真を撮るために自分の作ったコースを辿りました。その時人々が、私を見ながらグーサインをしてくれたのです。自分ひとりの旅ではなかったとわかって、幸せでした。住人の方々はとても親切で、温かかったです」。アーティストはこう締めくくった。

*Jace:フランス・ノルマンディー地方出身のグラフィックアーティスト。1989年、フランスの海外県であるレユニオン島で活動を開始する。3年後の1992年、自身のキャラクター「グズ」が注目を集め、世界30カ国以上に活動の場を広げる。その仕事は今日では世界的に知られている。

bike

amour

camel

tajin

arbre

bike

child

ハフポスト・モロッコ版より翻訳・加筆しました。