NEWS

「静寂の杜に、天ぷらの音が奏でる円舞曲」どん兵衛が不動産広告の"あるある"にのっかった

2017年08月09日 15時54分 JST | 更新 2017年08月09日 15時59分 JST

「都心の夜を誘惑する」「静寂の杜」――こんなポエムっぽいマンション広告を見たことはないだろうか。

不動産広告にありがちな、そんな詩的な言い回しを用いた日清「どん兵衛」の広告ポスターがTwitterなどで話題になっている。

まずはこちらを見てほしい。

■美を讃えた麺の上で、静謐のおあげに出逢う。

donbei

掲載駅:JR 渋谷・新橋・東京・御茶ノ水・荻窪・大宮・長津田・国分寺・御徒町・吉祥寺・高田馬場


■静寂の杜に、天ぷらの音が奏でる円舞曲

donbei

掲載駅:JR 池袋・浜松町・上野・日暮里・蒲田・横浜・町田・藤沢


■そこは鰹聖域(かつおサンクチュアリ)

donbei

掲載駅:原宿・有楽町・秋葉原・西日暮里・飯田橋・菊名・巣鴨・水道橋


■昆布だしの関西(HEAVEN)に澄む。

donbei

掲載駅:阪神 梅田、尼崎、西九条、武庫川、鳴尾、甲子園、西宮、芦屋、野田

JR 茨木、大津


■都心の夜(こばら)を誘惑する。

donbei

掲載駅:JR 新宿・恵比寿・目黒・品川・田町・中野・神田



■劇的に、蕎麦。

donbei

掲載駅:北千住・松戸・柏・西船橋・船橋・津田沼


■「表現」だけでなく「掲載場所」も、不動産広告をリスペクト?

このポエム風の広告ポスターは、不動産広告の“定番“を踏まえて、新聞の折り込みチラシと駅などの看板広告で展開された。

折込チラシは東京23区内の一部エリア(港区、世田谷区、江東区など)の朝日新聞と読売新聞の8月8日付朝刊に差し込まれた。

広告ポスターは、関東・関西で利用者の多い駅を中心に8月7日から掲載されている。Twitterでは「見かけた!」「駅で二度見した」と話題になっている。

日清の担当者はハフポスト日本版の取材に対し、「新宿・恵比寿・目黒など、タワーマンションが多い駅に関しては、タワーマンションを彷彿させるような表現を用いた広告を掲載しています」と話す。

また、どん兵衛の出汁が関東と関西で違う点を踏まえた上で、「関西では、関西掲載用の表現を使った広告を制作しました」と、こだわりを語った。

■なぜ、不動産広告のパロディなの…?

不動産広告のパロディともいえる「どん兵衛ポエム」について、日清の広報担当者は「2020年に向けて不動産やマンション市場が盛り上がっていくというところにのっかった企画です」と、その企画意図と語る。

確かに、「どん兵衛」といえば、ネットでも賞賛される“のっかり“キャンペーンの常連だ。あらゆる角度で"のっかり"を駆使して、どん兵衛の商品特徴や魅力を伝えてきた。

過去には、タレントのマキタスポーツがラジオ番組で紹介した、本来は5分待って食べるどん兵衛を「10分待ってさらにおいしくする食べ方」がネット上で話題になったことを受けて、急遽これに“のっかる“形で「10分どん兵衛」のキャンペーンを展開した。

この時、日清は「メーカーが食べ方の多様性を見抜けておらず申し訳ございません」という謝罪文を発表。ネット上では「ユーモアがある」と大きな話題を呼んだ。

さらには、中毒性が高くファンも多い「ラーメン二郎」風に「どん兵衛」をアレンジする方法がネット上で提起されると、日清は「親愛なる二郎先輩へ」と題したラブレターを発表するキャンペーンを展開。ラーメン二郎の魅力に“のっかって“、どん兵衛の商品の特徴をうまく伝えた。