NEWS

「ママレード・ボーイ」ついに実写化。スマホ時代にあの"胸キュン"は再現されるの?

2017年08月21日 22時58分 JST | 更新 2017年08月22日 14時04分 JST

mamaredo

(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

20〜30代女性が、少女時代にこぞってハマったあの名作がついに…。

集英社の月刊少女漫画「りぼん」で1992年5月号から1995年10月号まで連載された漫画「ママレード・ボーイ」の実写映画化が決定した。

吉住渉原作の「ママレード・ボーイ」は、全5巻の単行本が累計発行部数1,000万部に及ぶ大人気漫画。1994年にテレビアニメ化、95年に映画化された。

お互いの両親が離婚しパートナーを交換して再婚をしたことによって、同居生活にすることになった女子高生・小石川光希(みき)と、松浦遊(ゆう)。

非常識な両親たち「両親S(りょうしんズ)」と、同級生の男の子・遊と奇妙な6人暮らしをする光希は、クールな中に時折優しさを見てくれる遊にだんだんと惹かれていく。そんな時、中学の時にフラれたと思っていた銀太に告白され…。

■光希、遊を演じるのは…?

sakurai

(C)吉住渉/集英社 (C)2018 映画「ママレード・ボーイ」製作委員会

今、30代の女性が小・中学生だった頃に漫画を読んだりアニメを見たりしていた「マーマレード・ボーイ」。2018年に実写版が全国で劇場公開されることが決まった。

小石川光希(みき)役は、「岡山の奇跡」で一躍注目を集めた女優の桜井日奈子(20)が演じることが決まった。

光希はとにかくピュアで、すぐに頬を赤く染めてしまうような子なんです。20年以上も前の作品を現代でどう表現するのか、光希の髪型や衣装がどうなるのか、今からワクワクしています。」とコメントを寄せた。

松浦遊役は、今年『銀魂』をはじめ5本の映画に出演している人気俳優・吉沢亮(23)。

「今までにも少女漫画原作の作品には出させて頂いたことがありますが、お調子者の三枚目キャラや、根暗な役など、あまりカッコ良くない役が多かったので、今回のようなドストレートな二枚目は初めてです。ついにこの顔面をフル活用する時が来たなと」と"強気な?"コメントを寄せた。

脚本はドラマ『ラブジェネレーション』(1997)、『神様、もう少しだけ』(1998)の浅野妙子が担当。映画『ストロボ・エッジ』(2015)、『PとJK』(2017)の廣木隆一監督がメガホンをとる。

■原作者・吉住渉も「実写化、憧れだった」

原作者の吉住渉は以下のコメントを寄せた。

実写化は憧れだったので、お話を頂いてとても嬉しかったです。フレッシュで可愛い桜井さん、誰もが認める超美形の吉沢さんが、廣木監督の美しい映像の中で、光希と遊としてスクリーンで輝く姿を見るのが本当に楽しみです!

■「あのボイスロボ」はどうなるの…?

漫画に登場するロボット型ボイスレコーダー「ボイスロボ」が、この"スマホ時代"にどのように表現されるか。心配するファンの声も相次いでいる。

ボイスロボで声を録音しあうシーンは"胸キュン"を呼んでいた。

『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系・2016年)、『過保護のカホコ』(日本テレビ系・現在放送中)など新しい夫婦、新しい家族のあり方を問うドラマが注目されている昨今。

"ダブル離婚・ダブル再婚"の「ママレード・ボーイ」を、20年の時を超えて改めて違う視点で楽しむことができるかもしれません…!