NEWS

恋ダンス踊ってみた動画 ⇒ 星野源の所属レコード会社「削除して」

大ブームとなった動画に危機が…

2017年09月01日 12時12分 JST | 更新 2017年09月02日 11時43分 JST
時事通信社
「第8回CDショップ大賞」の授賞式で質問に答える星野源=2016年3月9日、東京 

2016年にTBS系で放送されたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」。そのエンディングでは、星野源が自身が歌う「恋」に合わせて新垣結衣らと軽快なダンスを披露し、通称「恋ダンス」として人気を集めた。YouTubeやニコニコ動画などの動画サイトでは、さまざまな人々が「恋ダンス」を踊る動画をアップした。

当時の駐日アメリカ大使のキャロライン・ケネディさんが踊った動画は再生数800万回を超えた。こうして一大ブームとなった「恋ダンス」動画だが、近いうちに全て削除される可能性が出ている。星野源が所属するレコード会社「ビクターエンタテインメント」が9月以降に、ネットユーザーが「恋ダンス」を踊る動画を削除するように要請を出した。

同社は星野源の告知ページで、「8月末日をもちまして、著作権法に基づく動画削除の手続きを行わさせて頂きます」と宣言。「弊社からの削除手続きが始まる前に、可能な限りお客様ご自身で"恋ダンス"動画の公開中止・削除の作業を行っていただきますよう、お願いいたします」と動画投稿者に要請した。

■ビクター社のこれまでの対応は?

ビクターエンタテインメントは2016年11月、ドラマ放送中に限って一定の条件を満たせば公開を認めると声明を出していた。

スポニチによると、ビクターの公式サイトでは「恋ダンス動画」について以下のような文言が掲載されていたという。

「『"恋ダンス"をYouTubeに公開したいのですが、楽曲使用について問題はないでしょうか?』というようなお問い合わせをたくさんのお客様よりいただいております」

「すでに多くの皆様が"恋ダンス"を楽しんでいらっしゃる現状を考慮のうえ、CDや配信で購入いただいた音源を使用し、ドラマエンディングと同様の90秒程度の"恋ダンス"動画をドラマ放送期間中にYouTubeに公開することに対し、弊社から動画削除の手続きをすることはございません」

一方でドラマ終了後、同社は以下のような告知を掲載。2017年9月1日以降に「恋ダンス」動画の削除要請を予告し、自主的な削除を求めていた。

-----

<星野源「恋」の使用について>

以下のすべての条件を満たしている"恋ダンス"動画については、2017年8月末日までは、弊社より著作権法に基づく動画削除の手続きは行いません。

しかしながら、2017年9月1日以降は、弊社基準に従い手続きを行う予定ですので、2017年8月末日までにお客様ご自身で"恋ダンス"動画の公開中止・削除を行っていただきますよう、お願いいたします。

①お客様が個人・非営利を目的として "恋ダンス"動画を制作し、公開していること。

②使用される「恋」の音源は、お客様がCDや配信でご購入いただいた音源であること。

③動画で使用されている音源の長さがドラマエンディングと同様の90秒程度であること。

尚、以下に該当する場合は、上記期限にかかわらず、動画削除の手続きを行いますので予めご了承ください。

①上記利用条件を守っていただけていない場合

②営利目的であることが明らかな場合~広告収入、アフィリエイト、プレゼント等、手段が何であるかを問いません。

③企業・団体、イベント、商品等の宣伝、販売促進を目的としていることが明らかな場合

④"恋ダンス"と無関係な動画のBGMとして「恋」を使用していることが明らかな場合

-----

■レコード会社が回答「レーベルとして明確な基準を出すべきと判断」(UPDATE)

今回の動画削除要請をした理由について、ハフポスト日本版はビクターエンタテインメントに問い合わせた。午後8時ごろ、担当者から以下のような回答があった。

楽曲の著作権に抵触するため本来は動画投稿はNGです。しかし、恋ダンスの動画が予想以上の盛り上がりがあったほか、当初のアナウンスがやや曖昧なところがあり、お客様の中でも混乱が生じているため、レーベルとして明確な基準を出すべきと判断しました。それが、今回の告知を出した理由です。
当初、動画投稿の許可はドラマの放送期間中のみを予定していましたが、予想以上の盛り上がりがあり、世間的な話題性、お客様の支持も拡大しているため、応援してくださるお客様へのフォローを念頭に、期間を延長していました。期限が8月末となったのは、2月に出した告知から半年間という節目だったからです。対象となる動画は、随時削除しています

なお、キャロライン・ケネディさんが踊った動画にも削除要請を出すのか尋ねたが「現時点では回答できない」ということだった。

(UPDATE 2017/09/01 20:28)