政治

安倍首相「希望は、いい響き」 小池知事の新党に余裕アピール?

「希望の党」についての感想を問われて…

2017年09月25日 20時39分 JST | 更新 2017年09月25日 21時05分 JST
時事通信社

安倍晋三首相は9月25日、衆院を28日に解散すると表明した記者会見で、東京都の小池百合子知事が結党すると表明した「希望の党」についての感想を問われ、「希望というのは、いい響きだと思います」と述べた。

安倍首相は、第1次安倍政権で安全保障担当の首相補佐官や防衛相を務めた小池知事の経歴に触れつつ、「安全保障の基本的理念は同じだろう」との認識を示した。

加えて、「政治手法においては違うかもしれない」と前置きした上で、「小池知事とは、東京オリンピック・パラリンピックを成功させなければならないという共通の目標を持っている。選挙戦はフェアに戦いたい」と述べた。

■小池知事はアベノミクスについて「日本経済は下がり続けている」と指摘

小池百合子都知事は25日午後の記者会見で、若狭勝衆議院議員らとともに国政新党「希望の党」を立ち上げると発表し、自身が代表に就任することを発表した。

小池知事は会見の中で、安倍政権については経済政策「アベノミクス」を念頭に、「日本経済は下がり続けている」と指摘。安倍政権に対し一定の距離をとる姿勢を見せた。