koikeyuriko

東京都の小池百合子知事は6月12日、任期満了に伴う都知事選に、3選を目指して立候補すると表明しました。小池知事の発言全文を紹介します。
東京都知事選には、立憲民主党の蓮舫参院議員、前広島県安芸高田市長の石丸伸二氏、元航空幕僚長の田母神俊雄氏らが立候補の意向を表明しています。
立憲民主党の蓮舫参院議員は5月27日、東京都内で記者会見を開き、任期満了に伴う都知事選(6月20日告示、7月7日投開票)に無所属で立候補すると表明しました。
都知事選を巡っては、広島県安芸高田市長の石丸伸二氏が5月17日に無所属で立候補すると表明。現職の小池百合子氏も出馬の意向を固めているとみられています。
東京都庁が、青と黄の2色に照らされた。小池知事は「いまウクライナの人に向けてメッセージを出すことは重要だ」としている。
海外への渡航歴がなく、感染経路が不明だという。
東京都が2022年度、「同性パートナーシップ制度」を導入します。同制度は全国で広がっており、全人口の約5割をカバーする見込みです。LGBTQの人が多く移住する東京での導入に、大きな意義があるとの声が上がっています。
東京都の小池百合子知事が同性パートナーシップ制度を2022年度内に導入する考えを表明。高知さんは自身のTwitterに「仲間と一緒に喜びあった」とつづりました。
小池百合子都知事や支持者と相談した結果、「本日、都議会の議長に辞表を提出することを決断いたしました」と話した。
「希望の党」代表の中山成彬衆院議員(78)が次期衆院選に出馬せず、引退することが明らかになった。中山氏の引退により、「希望の党」は解散する見通しだ。