WORLD

米海軍のパイロット、青空に男性器を描いて処分される。

「最初、数字の8を描こうとしていると思った」

2017年11月18日 11時53分 JST | 更新 2017年11月20日 12時30分 JST

アメリカ海軍のパイロットが11月16日、F18戦闘機に乗って飛行機雲で青空に巨大な男性器の絵を描き話題となっている。地元メディアの「KIRO 7 News」などが報じた。

アメリカ西部ワシントン州オカノガンの住民は、F18戦闘機が男性器の絵を描く瞬間を目撃。その様子をとらえた写真がTwitterなどに投稿されると、瞬く間に拡散された。

オマックでとんでもないことが起きている。空に男性器が。

住民のタリーン・トーマスさんは、「パイロットは最初、数字の8を描こうとしていると思った」という。しかし、パイロットはそこでやめなかった。

トーマスさんはKIROに対し、「8を描いたと思ったら、戦闘機は真っ直ぐ上昇して、作品を描きました」と語った。

SNS上では、笑いのネタになったが、子供たちに説明を求められ動揺した家庭もあったという。

thestar.com」によると、海軍は同軍所属のパイロットが「わいせつなイメージ」を空に描いたことを認めている。

海軍航空部隊は、問題のパイロットには飛行停止処分を科した。報道官は17日、この問題について調査しているとして、「海軍はこの無責任かつ幼稚な行為について謝罪する」「性的な具象を描くような、分別のない未熟な態度をする者に、海軍の航空部隊の居場所はありません」との声明を発表した。

おすすめ記事

(C)2017 YD CREATION

松本人志のAmazonプライム・ビデオ「ドキュメンタル」に幻のシーズンが!? [Sponsored]

国民の半分が貧困層、4人に1人が栄養不良。スーダンの子供たちから夢を奪わないために[Sponsored]