WORLD
2017年12月10日 18時24分 JST | 更新 2017年12月15日 12時24分 JST

中華航空、日本人が騒ぎフライト引き返す トイレで喫煙も

台湾メディアが報じました。

STRINGER Vietnam / Reuters

台湾の「中華航空(チャイナエアライン)」のフライトで、酒に酔った日本人の乗客3人が離陸後に騒ぎを起こし、同機が空港に引き返す事態となった。複数の台湾メディアが報じた。

Focus Taiwanによると、台湾の桃園国際空港発バンコク行き835便の機内で、持ち込んだ酒を飲んだ日本人の乗客3人が大声を出すトラブルを起こした。

さらにトイレで喫煙するなど、他の乗客から苦情も出始めた。乗務員が3人に注意してが収まらなかったため、機長が他の乗客の安全を考慮し、離陸して約30分後に桃園空港に引き返した。3人は桃園空港で降ろされた。

Taiwan Newsによると、この影響で同機は4時間の遅れが出た。

3人は民間航空法に違反した疑いがあり、最高で5万台湾元(約19万円)の過料が科される可能性があるという。

おすすめ記事

反抗期の息子が抱きしめてくれた モデル・園田マイコさんが乳がんと闘った日々[Sponsored]

明日の私の働き方を変える「七つ道具」[Sponsored]