WORLD
2017年12月12日 15時47分 JST | 更新 2017年12月13日 08時07分 JST

コオロギパンが「爆誕」。フィンランドの食品会社、昆虫食ブームに注目

1つあたり70匹が入っている

Fazer
ファッツェル社のコオロギパン=ファッツェル社のホームページより

昆虫のコオロギを練り込んだパンがこのほど、フィンランドで誕生した。製造したのは、食品大手の「ファッツェル」(本社・ヘルシンキ)。コオロギパンが販売されるのは世界初という。

世界的な人口増加に伴い、食料危機の可能性が指摘される中、栄養源として昆虫を食べることが各地で検討されている。同社はこうした時流にいち早く着眼し、新商品として開発を進めてきたという。

同社によると、11月24日から国内11店舗で販売。パン1つあたりに入っているコオロギは約70匹。乾燥させたコオロギを粉末状にし、小麦粉に混ぜて焼き上げる。コオロギは軽く、パンに占める重さは3%にすぎないという。

同社担当者はコオロギパンについて、「カリカリしていて味と舌触りがよく、美味しい。タンパク質や脂肪酸、カルシウム、鉄分、ビタミンB12が多く含まれている」と指摘している。

同社は将来的に40店舗以上での販売を目指しており、生産量を増やす方針。フィンランドでは11月から昆虫を食用に売買することが可能になった。同社にとって追い風になりそうだ。駐日フィンランド大使館もTwitterでルールの変更をアピールしていた。