NEWS
2018年01月16日 12時59分 JST | 更新 2018年01月21日 23時59分 JST

ヨリトフグって何? 愛知県のスーパーで肝臓を販売。「まったく無毒」と思われていたが…

マウスが30分で死亡したケースも

愛知県蒲郡市の量販店「スーパータツヤ」が販売したフグの切り身に有毒部位の肝臓が含まれていた。1月15日に販売された5パックのうち2パックの購入者が不明で、県は「絶対に食べないで」と呼び掛けている

(UPDATE 15:03)4パックを回収したものの、1パックは既に購入者が食べていたと朝日新聞デジタルが報じた。健康被害はないという。

厚生労働省
販売されていたヨリトフグの肉。厚生労働省のTwitterより

販売されたのはヨリトフグで、鍋物・煮物用としてトレーパックに入っていた。ハフポスト日本版の取材に対して、スーパーの担当者は「ヨリトフグの肝臓が有毒だという認識がなかった」と話している。

■ヨリトフグってどんなフグ?

WEB魚図鑑

お腹を膨らませた状態のヨリトフグ(出典:WEB魚図鑑

東京都市場衛生検査所によると、ヨリトフグは体長40センチになる中型のフグ。本州中部以南、世界中の暖海に生息しているが、魚市場にはほとんど入荷されない。筋肉、精巣、皮は食べることが可能と指定されている。

実はヨリトフグは、全身が無毒と思われていた時代が長かった。下関市立しものせき水族館の公式サイトには1月16日現在、以下のように書かれている。

「全身無毒とされており、食べることもできますが、身が柔らかいためあまり食用としての人気は無いようです」

1984年から94年にかけて発行された小学館の日本大百科全書にも、以下のように記載されている。

「まったく無毒で卵巣も食用になる」

しかし、近年の研究では、肝臓に毒があるケースが判明している。

沖縄県衛生環境研究所の2006年の報告書「沖縄近海産フグの毒性調査」では、ヨリトフグ6匹のサンプルのうち1匹の肝臓に毒が見つかった。このヨリトフグの肝臓の溶液を注射されたマウスが30分以内に死亡したという。

また、厚労省の公式サイトでは、フグの肝臓は有毒部位と記載。種類を問わず、天然や養殖に関わらずその販売や提供は食品衛生法により禁止しているという。