BLOG

【字幕付きビデオ】ガソリン高も怖くない!? 木を燃料にして走る車に試乗!

2013年10月14日 17時17分 JST | 更新 2013年12月13日 19時12分 JST

2013-10-03-mercurybeaverxr7lead.jpg

乗り物とテクノロジーを扱うAOLのウェブサイト『トランスロジック』が、木を燃料にして走る車「Beaver XR-7」に試乗した。

この車は代替燃料を研究開発しているアメリカの企業Beaver Energy, LLCが製作したもので、フォードの「マーキュリー クーガー XR-7」をベースにしている。

2013-10-03-2013021403.jpg

<本物の木を持つ番組ホストのブラッドリー>

搭載されている4.6リッターV8エンジンは、木くずを圧縮したペレット燃料を1300度の高温で発酵させる際に発生する水素や二酸化炭素、メタンガスを動力にしているという。

2013-10-03-2013021405.jpg

ちなみに走行性能は、ガソリン車にまったくひけを取らないらしい。そして何と言っても最大の魅力は、高いガソリン代を払うことなく、燃料を自分で作ることができる点だろう。反面、多数のパイプがトランクの上を占領してしまっていることが、唯一の欠点だとも言えるだろう。

2013-10-03-2013021404.jpg

環境派もしくは映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のデロリアンのファンなら、きっとこの車が気に入るはずだ。

2013-10-03-2013021406.jpg

ぜひビデオでBeaver XR-7の走りをご覧いただきたい。


こちらはAutoblogの記事「【字幕付きビデオ】ガソリン高も怖くない!? 木を燃料にして走る車に試乗!」を転載したものです。