profile image

常見陽平

人材コンサルタント、著述家

1974年生まれ。一橋大学商学部卒。株式会社リクルートに入社、転職情報誌「とらばーゆ」編集部などに在籍。その後、大手玩具メーカーでの新卒採用担当、人材コンサルティング会社勤務などを経て、フリーランスに。サラリーマンの前途、就活などを中心に、雇用・労働、キャリアなどをテーマに執筆・講演活動に没頭している。著書に『「すり減らない」働き方』(青春出版社)『自由な働き方をつくる』(日本実業出版社)『僕たちはガンダムのジムである』(ヴィレッジブックス)、『「意識高い系」という病』(ベスト新書)ほか。筆者のブログは「試みの水平線」

就活後ろ倒し後にやってくる過酷な就活地獄社会

就活後ろ倒し論は、突き詰めると単なる人気とりである。愚策だとはいえ、決まってしまったものはしょうがない。ただ、この中で、学生と企業の出会い方をどうデザインするのか。議論はこれからである。
2013年05月08日 19時05分 JST