BLOG

ダース・ベイダーのヘルメットが保冷庫になった その素晴らしく割り切った仕様とは

2015年10月29日 17時00分 JST | 更新 2015年10月29日 17時00分 JST

2015-10-29-1446102717-4693997-DSC02391.JPG

10月29日、AQUAブランドのハイアール・アジアがスター・ウォーズ関連製品の発表会を開催。R2-D2型移動式冷蔵庫に続き、ダース・ベイダーのヘルメットを象った『「ダース・ベイダー」MASK保冷庫』が発表されました。本日より予約受付を開始し発売開始は12月20日予定、価格は3万9800円(税別)。

徹底した監修などで、劇中の形状や塗装を忠実に再現した点がポイント。もちろん、ルーカスフィルムとディズニーの公式ライセンス製品。開ける際には、ブレス(呼吸)音やライトセイバーの抜刀音なども楽しめます。

2015-10-29-1446102801-4399042-DSC02398.JPG

収納した内容物を取り出す際には、頭部を押せばOK。タイトル画像のように「保冷マスク」が上面に移動し、中の飲み物を取り出すことができます。

なお、頭部のサイズを劇中設定に忠実とするべく、保冷庫のサイズは350ml缶 1本分のみ。素晴らしく割り切った仕様です。

本体の大きさは305×325×400mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約2.3Kg。消費電力は約10W。保冷庫としての構造もペルチェ式と、このあたりはベーシックな構成。

2015-10-29-1446103321-8508065-DSC02447.JPG

一方、徹底したこだわりをみせるのが造形。公式サイトでも「ディテールまで忠実に再現」とアピールしますが、発表会ではハイアールアジアの伊藤嘉明社長より「R2-D2冷蔵庫と同じく、自分が欲しかったから作ったアイテム」と紹介。

とくにダース・ベイダーを強く印象づける黒の塗装にはこだわり、塗料は燕三条の塗装業者と共同で塗装工程を詰めた、とのエピソードも披露されました。

また発表会では、バリエーションモデルとして、ストーム・トルーパーモデルとC-3POモデルも用意する点も紹介。発売時期と価格は未定ながら、試作機が展示されました。

ただしこれら2モデルはベイダーモデルとは異なり、オープン時の効果音はありません。

2015-10-29-1446102853-6444527-DSC02425.JPG

2015-10-29-1446102919-2254084-DSC02429.JPG

このようにMASK保冷庫シリーズは、R2-D2冷蔵庫に勝るとも劣らないこだわりを見せるタイムです。事情を知らなければ本末転倒にも思える保冷庫としての仕様も、原作設定の再現を追求したゆえのもの。

実物の雰囲気は、スター・ウォーズファンのみならずとも見ただけで気概を感じられるもの。家電量販店での販売もなされるため、可能であればぜひ実物をチェックしてほしい仕上がりです。

BY SHINGI HASHIMOTO

(2015年10月29日 Engadget日本版「ダース・ベイダーのヘルメット型保冷庫が本日より予約開始、劇中の形状や塗装を忠実に再現(動画)」より転載)

【関連記事】