suta-wozu

「遠い昔、はるかかなたの銀河系で...」。見比べてみると、もうそれにしか見えない。
「攻殻機動隊」シリーズで知られるプロダクションI.Gも参加。ディズニープラスで日米同時配信される。
オビ・パウエル・オビンナ選手らが映画の登場人物に。「オビ」と聞くとファンはあのキャラクターを思い出しますよね。
翼竜とポーグの画像を並べて「同じ種類だ」とツイートした人も。「こんな生物が現代でも生存しててほしかった」と反響を呼んでいます。
「信じられない!スペース・マウンテンから出てきたみたい」と驚きの声が広がっている。
火星に生命が存在した痕跡を探すための調査。その頃地球は、赤い祝福の光が灯された。
「マンダロリアン」に出演する俳優のジーナ・カラーノさんが解雇。ルーカスフィルムは投稿について「忌まわしく、受け入れられるものではない」とした。
映画は「スター・ウォーズ サーガを未来の時代に進める」作品とされており...
『スター・ウォーズ』の兵士ストームトルーパーが銀河から来訪。ゲストに向けて、ソーシャルディスタンスを呼びかけている様子が公開されました。
『スター・ウォーズ』シリーズに出演し、抗議デモに参加した俳優のジョン・ボイエガさんのスピーチが、多くの人々の心を惹きつけている。
熱烈な「スター・ウォーズ」ファンだったライリー・ハウエルさんに、ルーカスフィルムは敬意を表した。
エピソード9にあたる最新作『スカイウォーカーの夜明け』では、同性愛に関する描写が42年続いたシリーズの歴史の中で初めて描かれた。このシーンをめぐっては、各国で対応が分かれている。
完結編『スカイウォーカーの夜明け』が公開。全9作にわたって紡がれてきた物語を完結させたJ.Jエイブラムス監督は、「スター・ウォーズの素晴らしさは、差別がないことだ」と語る。
『スカイウォーカーの夜明け』で「秘密は全て明かされる」と断言。さらに、「自分の人生と『スター・ウォーズ』は、もう決して分けて考えることができないくらいに大きな存在」と語った。
「フォースがあなたと共に、そして私たちすべてと共にありますように」
スター・ウォーズ完結編は、12月20日に日米同時公開を迎える。レイア姫が再び登場することも報じられている
シリーズ1作目の「新たなる希望」から2015年の7作目「フォースの覚醒」までチューバッカ役を演じました。