Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

Engadget 日本版 Headshot

iPhoneに急な着信→テキストで対応する方法【Tips】

投稿日: 更新:
印刷

休日でゆっくり過ごしているときには、仕事の電話にはあまり出たくないもの。また、長期休暇中などは、どうしてもタイミングが悪くて電話に出られないときもありますよね。そうしたときに役立つのが、着信に対してメッセージで返信できる機能。着信時にワンタップでメッセージを選択でき、いくつかの候補のなかから状況に適したものをタップするだけで送信できます。この機能を活用して、急な着信にスマートに対応しましょう。

着信時に"メッセージ"をタップ

着信に対してメッセージを送信する方法は、実にシンプル。着信画面で"メッセージ"をタップして、表示されるメニューのなかから任意のメッセージを選択するだけです。"現在電話に出られません"、"向かっています"、"後でかけ直します"の3種類の定型文から選択できるので、状況に合ったメッセージをタップしましょう。

着信画面で"メッセージ"をタップ(写真=左)。3つの定型文が表示され、いずれかをタップすると、そのメッセージを送信できます(写真=右)

自分でメッセージを作成したい場合は、"カスタム"をタップ。"メッセージ"アプリが起動し、自分でメッセージを入力して送信できます。定型文が状況に合わないときは、この方法でメッセージを送信するといいでしょう。

定型文が表示されている画面で下部の"カスタム"をタップすると、メッセージ"アプリが自動的に起動し、任意のメッセージを送信できます。

定型文はよく使うものに変更できる

デフォルトの定型文をあまり使わない場合は、独自のメッセージを登録しておくことができます。"設定"で"電話"を選択すると、"テキストメッセージで返信"という項目があるので、そこにオリジナルの定型文を入力しましょう。こうすることで、着信時に"メッセージ"をタップすると、そのメッセージが表示される設定になります。

"設定"を起動して、"電話" "テキストメッセージで返信"をタップ(写真=左)。次の画面で定型文を編集できます(写真=右)

"リマインダー"で着信があったことを忘れないようにする

着信画面では"メッセージ"のほかに"後で通知"という項目も選択できます。これはiPhoneの"リマインダー"アプリに、折り返しの電話をすることを忘れないように登録できる機能です。タップすると、"1時間後"か"ここを出るとき"のいずれかを選択できます。少し時間が立ってから通知してほしいときは"1時間後"、場所を移動してから通知してほしい場合は"ここを出るとき"を選択しましょう。

着信画面で"後で通知"を選択すると、"1時間後"か"ここを出るとき"のいずれかを選択できます(写真=左)。"1時間後"を選択すると、リマインダーにこのように登録されます(写真=右)

(2016年5月8日Engadget日本版「急な着信でもiPhoneでスマートに対応する方法:iPhone Tips」より転載)


【関連記事】