BLOG

ソニー、スピーカーにもなるLED電球 スマホで明るさを変える機能も

2015年05月12日 19時08分 JST

2015-05-12-1431422955-9784241-20150512enga1_main758.jpg

ソニーが、E26型電球ソケットに挿して使えるLEDランプ兼BluetoothスピーカーLSPX-100E26Jを発表しました。発売は5月23日。オープン価格で、予想実売価格は2万4000円前後です。

LSPX-100E26Jは「空間そのものを活用する」コンセプトで展開する「Life Space UX」シリーズの製品。1月に国内で発売した4K対応超短焦点プロジェクターLSPX-W1Sにつづく第2弾となります。

LED電球にBluetoothスピーカー機能を追加しており、電源は電球のソケットから供給します。よってバッテリー残量などの心配はいりません。取り付け場所も一般的なE26型電球ソケットさえあれば、電気スタンドからキッチン、ベッドサイド、クローゼット、トイレでも場所を問いません。

LED電球としては、新開発の「円筒導光板」を採用。光の自然な広がりを実現し、眩しさの少ない優しい明るさをうたいます。また照らした場所に円形の模様が現れにくい「光学レンズグローブ」も自然な光の演出を助ける仕組みです。明るさを示す全光束は360lm。光色は電球色で、温かみのある光を発します。

Bluetoothスピーカーとしては40mm径、出力2Wのダイナミックスピーカーを搭載。Bluetoothバージョンは3.0、プロファイルはA2DPおよびAVRCP、コーデックはSBCとAACに対応します。また、対応デバイスならNFCを使ったワンタッチペアリングも利用できます。

操作はスマートフォンアプリ「Songpal」に対応。iPhoneやAndroid端末から音楽操作や照明の調光機能を操作できます。またイコライザー機能やスリープ操作なども利用できます。

2015-05-12-1431423234-2093533-20150512enga2_sub01.jpg

付属の円形リモコンでも操作が可能で、手元にスマートフォンがなくても再生中の音楽の再生停止や音量調整、照明の明るさ調節、スリープ機能の設定が可能です。

消費電力はLED部約7W、スピーカー部約2Wで合計約9W。大きさは直径61mm。長さ116mm。重さ約205g。

ちなみに直径61mmは一般的な60W白熱電球と同等の大きさ。照明器具によほどタイトな傘がついていないかぎりは問題なく使えるはずです。

2015-05-12-1431423305-2640913-20150512enga3_sub02.jpg

ソニー「LSPX-100E26J」

(2015年5月12日Engadget日本版「ソニー、スマホで調光できるLED電球スピーカー LSPX-100E26J 発表。Bluetooth対応」より転載)


【関連記事】