BLOG

ダルビッシュ有がメジャー最速となる500奪三振 現地メディアも「信じられないようなペース」と速報

2014年04月07日 14時21分 JST | 更新 2014年06月06日 18時12分 JST

darvish

■13年ぶりの記録更新

レンジャーズのダルビッシュ有投手が6日のレイズ戦でメジャー史上最速となる500奪三振を記録した。CBSスポーツ電子版が報じた。

首の寝違えで故障者リストに入り、今季初先発がこの日のレイズ戦までずれ込んだエースだが、初回に相手の2番打者、昨年のア・リーグ新人王、ウィル・マイヤーズ外野手から三振を奪うと、金字塔を打ち立てた。

昨年奪三振王に輝いたダルビッシュはメジャー通算401回2/3という「先発ピッチャーとしては信じられないようなペース」(CBSスポーツ電子版)で奪三振を積み上げている。1試合(9イニング)当たり11・20三振という凄まじい割合だ。

これまでの最速記録はカブスなどで活躍し、2012年シーズン後に引退したケリー・ウッド投手が2001年に記録した404回2/3で、ダルビッシュは3イニング短縮。13年ぶりの記録更新となった。

ダルビッシュはこの日、7回89球を投げて7安打、6奪三振、1四球、無失点という堂々たるピッチングを披露。特に2回にはヒットを許した後、3連続三振という圧倒的な実力を見せた。7回を投げ終えると8回表にレンジャーズ打線が2点を先制し、勝ち投手の権利を得た。チームも3-0で勝利。今季初白星をマークしたダルビッシュにまた一つ勲章が加わった。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

【米国はこう見ている】今季初白星、メジャー最速500奪三振のダルビッシュに賛辞の嵐 レンジャーズ監督も「彼がゲームを支配した」

【米国はこう見ている】ダルビッシュ有に"マー君効果"!? 早くも契約延長の話題が浮上

【米国はこう見ている】ダルビッシュ有の大型再契約に追い風 レンジャーズがスタジアム命名権で米トップ級の契約

【米国はこう見ている】超一流同士の駆け引き ダルビッシュ有が"天敵"に対して手の内を隠す

【米国はこう見ている】資産価値ではイチロー、黒田博樹、田中将大ら所属のヤンキースが断トツ1位 上位にはマー君獲得に動いた球団が並ぶ

(2014年4月7日「フルカウント」より転載)