BLOG

あなたを打ち倒した相手に、グッド・ジョブ!と言えるだろうか?

2015年01月18日 15時08分 JST | 更新 2015年03月19日 18時12分 JST

default

photo by Tamer Shabani

勝負をして、勝ち負けを決めるのは、嫌なものだ。

懸命にやっていればいるほど、負けた時の悔しさは苦い。

そして、勝つにせよ、負けるにせよ、その時に、どんな振る舞いができるかということは、おおいに人間性を試すと思う。

大学時代、アイスホッケーのあるリーグ戦で、いろいろな事情が重なり、その年、とても戦力が落ちているチームとあたったことがある。完全に一方的なゲームで、まだ控えだった2回生の僕にも出番が多く回ってきた。

僕は試合の経験がまだ不足しており、多い出番を走りぬく体力がなかった。ただ、点を入れるチャンスは多く回ってきて、たしか4~5点ゲットすることができた。

あまりに一方的な試合だったし、僕はただ体力的に辛いこともあって、2点目以降、ゲットしてもあまり嬉しく思えなかった。

普通、ゲットすれば、それなりのアクションをして喜ぶものだが、その時の僕は、それもほとんど省略して、さっさとベンチに戻った。

試合後、相手チームのキャプテンが、完全に脱力している僕のとこへやってきて尋ねた。

「君は何回生?」

「2回生です」

彼は心の底から驚いたという表情をして、にこやかにこう言った。

「おおっ、それは、凄い。将来楽しみだな」

「ありがとうございます」

「だけど・・」彼は笑顔を引き締めて付け加えた「ゲットしたら喜べよ。いくら相手が弱くても、それが礼儀というものだぜ。じゃあな」

今朝、ウォール・ストリート・ジャーナルの記事  

Andrew Luck: The NFL's Most Perplexing Trash Talker(NFLのもっとも奇妙なおしゃべりくん:アンドリュー・ラック)

を読んで、あの時の苦い思い出が蘇った。

この記事に紹介されているアンドリュー・ラックというまだ若いQBは、2012年にドラフト1位でインディアナポリス・コルツに入団した若手の超有望株。

アメリカンフットボールでは、攻撃側のQBに向かって、相手チームが突進してくる。ディフェンスがそういう相手からQBを守って、走るか、パスを投げるかして、進むことを手伝うのだが、守りきれずにQBがボールを持っているあいだにアタックされて倒されることがある。それをQBサックといい、攻撃側からすると、大きな失敗、相手チームからすれば、大きな成功となる。

 

アンドリュー・ラックは、QBサックされた時、QBサックした相手チームのプレイヤーに「Good Job!」(よくやった!)などと、褒め言葉を言うというのである。

彼をサックした何人かのプレイヤーが、同じような褒め言葉を聞いている。

なんだか、奇妙だが、たしかに、ラックはボールを持ったまま打ち倒されてなお、相手チームのプレイヤーを称えるというのだ。

相手チームに反則がないか探してレフェリーに抗議したり、相手プレイヤーに怒りの感情を覚えたり、ただただ痛みに耐えて沈黙するのが普通だというが、ラックは違う。

なぜ彼がそういうことをするのか、彼自身はノーコメントである。

ただ、彼の父によれば、彼がそういうことをするのは高校時代からであるという。

彼の父やチームメイトたちは、その理由を、こういうふうに推測している。

どちらのチームのものであれ、彼が、素晴らしいプレーに対する真摯な尊敬の念をもっていること。そして、彼が、とにかく、いいヤツであるからだ、と。

アンドリュー・ラックはまだ25歳。

伝説ははじまったばかりだ。

(2015年1月17日「ICHIROYAのブログ」より転載)