BLOG

外因性要因とがんリスク

2016年01月12日 23時01分 JST | 更新 2017年01月11日 19時12分 JST

最近の解析から、一部のがんでは、組織幹細胞の内因性の挙動が悪性形質転換やがんのプログレッションを引き起こす可能性が示唆されており、外因性要因が腫瘍発生に与える影響に対し疑問が提起されるようになった。

今回Y Hannunたちは、幹細胞の動態に関連する内因性リスク要因のがん発生への関与はごくわずかであり、観察されるがんリスクの重要な要因ではないという証拠を示した。この新しい解析により腫瘍のプログレッションは外因性要因の影響を受けることが示され、がんの予防では外因性要因の考慮が重要であることがはっきりした。

Nature529, 7584

2016年1月7日

原著論文:

Substantial contribution of extrinsic risk factors to cancer development

doi: 10.1038/nature16166

【関連記事】

IDHに変異のあるグリオーマの性質を調べる Nature529, 7584 2016年1月7日

がん細胞株の体系的比較 Nature528, 7580 2015年12月3日

腫瘍を治療薬から守る細管ネットワーク Nature528, 7580 2015年12月3日