BLOG

プラスチックでできたウエアラブル汗成分バイオセンサー

2016年02月12日 01時46分 JST | 更新 2017年02月10日 19時12分 JST

2016-02-09-1454979670-344646-65842.jpg

装着するだけで、皮膚温と、汗に含まれる代謝産物や電解質を同時測定することのできる完全一体型のフレキシブルな汗分析システム(イメージ画像)。

Credit: Der-Hsien Lien and Hiroki Ota

ヒトの汗は、薬物乱用の検出や運動能力の最適化の際だけでなく、診断上重要となる可能性のあるバイオマーカーのキャリアとして注目を集めている。汗は特に、継続的なバイオモニタリング用として他の体液よりもはるかに扱いやすい。

今回、既存技術を基に開発された、汗の分析用の完全一体型フレキシブルセンサー・プラットフォームが報告されている。A Javeyたちは、プラスチックでできた皮膚センサーと従来のシリコン集積回路を接続して、汗中の代謝産物(グルコースと乳酸塩)および電解質(ナトリウムとカリウム)の同時多重測定を行うことに成功した。センサーの較正は、皮膚温を測定してin situで行っている。

また、小規模コホート被験者検証が行われ、リストバンドまたは額パッチとして生理学的状態をリアルタイムで評価するこのプラットフォームと、特別に設計したアンドロイドアプリの実用的価値が実証された。

Nature529, 7587

2016年1月28日

原著論文:

Fully integrated wearable sensor arrays for multiplexed in situ perspiration analysis

doi:10.1038/nature16521

【関連記事】

心疾患のリスクと母親の年齢 Nature520, 7546 2015年4月9日