BLOG

1レーザー分子操作

2017年05月29日 15時08分 JST

この10年間にわたって、研究者たちは、原子を冷却・捕捉・操作する技術を改良して精密測定を行うとともに、そうした原子を量子ビット(キュービット)として用いてきた。

しかし、分子に対して同じことを行うのは、分子の電子構造がより複雑で操作しにくいため、依然として困難である。

現行の方法では、多くのレーザーを用いる複雑な手順が必要だが、捕捉された分子や分子イオンによって、量子情報処理や基本定数の精密測定に興味深い可能性が開かれるかもしれない。

今回著者たちは、単一分子イオンの生成とコヒーレント操作を1つのレーザーだけで行う一般的なプロトコルを確立しており、これは単一分子イオンと共に捕捉された1個の原子を利用している。

この手法はCaH+分子イオンを用いて実証されているが、他の分子種にも拡張できる可能性がある。著者たちは、今回の手法によって、H2+などの対称分子の捕捉と操作が可能になると予想している。

Nature545, 7653

2017年5月11日

原著論文: Preparation and coherent manipulation of pure quantum states of a single molecular ion

doi:10.1038/nature22338

【関連記事】

原子時計状態におけるスピン-軌道結合 Nature542, 7639 2017年2月2日

量子系に触れる Nature538, 7626 2016年10月27日

電荷量子化の発展のモデル Nature536, 7614 2016年8月4日

素粒子物理学を模倣する4つのイオン Nature534, 7608 2016年6月23日

フェムト秒光パルスを使った準粒子衝突型加速器 Nature533, 7602 2016年5月12日