saiensu

雪だるまのような形かとみられていたウルティマ・トゥーレが、ニュー・ホライズンから送られてきたデータをみたら、意外とぺちゃんこだった
1月1日の台風発生は、昭和26年の統計開始以来、最も早いです。
空の色がいろいろな色に見えるメカニズムは?
実は現在の免疫学の(さらには多くの医学生物学の)測定データの殆どが「スナップ撮影」にすぎない。
昨年、オウムアムアと名付けられた天体が、太陽系を訪れて水星の軌道の内側を通過した後、あっという間に星間空間へと戻っていった。
2018年秋から2019年春にかけて3回着陸して、岩石を採取する計画です。
グラフェンに赤外光子を照射すると、グラフェン中の電子と赤外光子が相互作用して、プラズモンポラリトンと呼ばれるハイブリッド励起を形成できる。
彼女に同行してみると、そこには驚きの信念が見えてきた。