BLOG

新米の季節到来! 土鍋ごはんが主役の秋のふたりごはん

土鍋で新米を炊くコツは?

2017年09月10日 09時42分 JST | 更新 2017年09月10日 09時42分 JST

オトコノキッチン

一人で数皿ものおかずを準備するのは大変だが、二人で手分けすればスピードは2倍。息のあった連携プレーと手を抜くところは手を抜く割り切りで、平日の夜も賑やかな食卓を囲もう。

第三十一回


本日のふたりごはん

秋の味覚といえば、きのこに栗に秋刀魚に鮭に...

いろいろと思い浮かびますが、「米」も秋に収穫されるもの。そう、秋は新米の季節です!

今回は新米をおいしくたっぷりいただくための献立、

この日ばかりは「糖質オフ」なんて言わずに、ごはんが主役な食卓に。

添えるおかずは、まずは「鮭といくら」というゴールデン親子コンビのホイル焼き。

今回は味噌だれにつけた鮭と玉ねぎを蒸し焼きにして三つ葉といくらをのせます。

ホイル焼きは、洗い物も少なく片付けも簡単です。 そして実りの秋の代表、「きのこ」。

今回はきのこを冷凍するというテクニックを!きのこは冷凍することで旨みが急増すると言われていて時間をかけずに旨みたっぷりのきのこ汁が出来てしまいます。

お好みの漬物も添えてごはんをたっぷりどうぞ!

ふたりごはん

土鍋で炊く!新米ごはん
フライパンで簡単!秋鮭といくらのホイル焼き
冷凍きのこで旨み急増!とろろきのこ汁

市販

お好みの漬物・梅干し

■事前準備

  • えのきとしめじは石づきを取り手でほぐして密封袋などに入れて冷凍する。なめこはそのまま冷凍しておく。

土鍋で炊く!新米ごはん


一品目

オトコノキッチン

■材料(2人分)

  • 新米......2合

オトコノキッチン

■作り方

米を研いで水を切り、水380cc程度に30分浸水させておく。※米を研ぐとき、ぬかの匂いが米に移らないよう最初の水はさっと洗ってすぐに捨てる。

土鍋にを入れて強めの中火にかけ、10分程度で湧いてきたら弱火にして10分火にかける。火を止めて10分蒸らす。

「土鍋で炊く!新米ごはん」のと「フライパンで簡単!秋鮭といくらのホイル焼き」のは30分かかるので同時にやってしまいましょう!その間に「冷凍きのこで旨み急増!とろろきのこ汁」を仕上げていきます。
さて、今回主役の新米担当は夫!責任重大です。しっかり時間を計って様子をみながら仕上げましょう。
新米は水気を多く含むので普段よりもやや少なめの水加減で炊きます。
水加減と火加減は土鍋の種類やお好みもあるので調整して炊いてください。 残ったお米は密封容器やペットボトルなどにいれて野菜室に保存がgoodです!

フライパンで簡単!秋鮭といくらのホイル焼き


二品目

オトコノキッチン

■材料(2人分)

  • 鮭......2切
  • いくら......30g
  • 玉ねぎ......1/2個
  • 三つ葉......1株
  • A味噌......大さじ1
  • Aみりん......大さじ1/2
  • A酒......大さじ1/2
  • バター......10g
    オトコノキッチン

■作り方

A を合わせた漬けだれに鮭を漬けて30分おいておく。玉ねぎをくし切りにする。

アルミホイルに玉ねぎの半量を広げ、その上に鮭1切(漬けだれごと)、バター5gをのせて包み、最後にアルミホイルの端を折りたたむようにしてしっかり閉じる。同様にもうひとつ作る。

フライパンにをいれて蓋をして中火にかける。中からシューっと音がしてきたら弱火にし、全部で8分程度鮭に火が通るまで火にかける。

皿にのせ、アルミホイルを開いて、いくら、刻んだ三つ葉をのせる。

が終わったらまず「冷凍きのこで旨み急増!とろろきのこ汁」に進み、時間がきたら戻ります。
アルミホイルを開いた時に鮭に火が通っていなければ追加で加熱してください。
鮭をほぐしていくらと和えながらどうぞ!

冷凍きのこで旨み急増!とろろきのこ汁


三品目

オトコノキッチン

■材料(2人分)

  • えのき......1/2袋(50g)
  • しめじ......1/2袋(50g)
  • なめこ......1袋
  • 大和芋......100g
  • ごま油......小さじ2
  • だし汁......2カップ
  • 味噌......大さじ1.5
  • 酒......大さじ1

オトコノキッチン

■作り方

えのきとしめじは石づきを取り手でほぐして密封袋などに入れて冷凍する。なめこはそのまま冷凍しておく。(事前準備に記載)

大和芋をすりおろす。

フライパンにごま油を熱し、えのき、しめじを炒める。だし汁、酒を加え、温まったらなめこを加えてほぐし、一煮立ちしたら味噌を溶き入れる。

器に盛り、大和芋をのせる。

今回はすべての料理が温かいので出来立てが食べられるようにうまく調整しながらやりましょう。
ごはんの浸水と、鮭の漬け込みをやっている間に「冷凍きのこで旨み急増!とろろきのこ汁」をなるべく仕上げてしまうと楽です。こちらは冷めても温め直しOK!
きのこは冷凍することで細胞の膜が壊れ旨みが増加するといわれており、炒めた時に簡単にしんなりして旨みが出るのがわかると思います。
きのこ汁だけでなく炒め物などでも冷凍きのこを活用すると旨みがアップしますので、お試しあれ。
今日の片付けは夫担当。
妻はもしごはんが余っていたら冷凍保存をしてしまいましょう!
ごはんは冷蔵庫にいれると硬くなってしまいます。
理由はごはんの成分でんぷんが最も老化(硬くなる)しやすいのが2〜3℃なので、ちょうど冷蔵庫がNGなのです。
できるだけ急速に冷凍するのがおすすめです。
オトコノキッチン

榎本美沙┃Misa Enomoto

1988年、東京都生まれ。学生時代に料理の楽しさに目覚め、広告代理店勤務を経て、現在はフリーで料理をテーマに活動している。夫婦で作るレシピサイト「ふたりごはん」を運営。

おいしさ倍増!ふたりごはん バックナンバー>>

~おいしさ倍増!ふたりごはん~

美味しい情報が毎日届く!Facebookでオトコノキッチンをフォロー:

www.facebook.com/otokonokitchen