Huffpost Japan
ブログ

ハフポストの言論空間を作るブロガーより、新しい視点とリアルタイムの分析をお届けします

秋元 祥治 Headshot

FC岐阜に、J1・2最年少社長(35)が就任!

投稿日: 更新:
印刷

1993年にスタートしたサッカー・Jリーグで、J1・J2あわせて40チームある中で、最年少の社長が岐阜県岐阜市に拠点を置くFCが岐阜で4月24日に誕生しました!岐阜県山県市出身の35歳・恩田聖敬(おんだ・さとし)さんが、新社長に。(今季発足したJ3・秋田には32歳の社長がおいでになりります)
恩田社長会見44

J2・FC岐阜(岐阜県内唯一のプロスポーツチーム)は昨日(24日)岐阜市内行われた株主総会で第8期(2013年2月~14年1月)の決算を承認し、純利益8800万円で3期ぶり黒字と発表。Jリーグチームであるための、クラブライセンス制度の交付条件の一つ、3期連続赤字の回避を達成し、来期で解消のめどが立った債務超過は約1億円減って9300万円に。営業収入は、Jトラスト社長の藤沢信義氏(岐阜県出身・44)による一億四千万円の寄付を含め五億七千五百万円で過去最高へ。あわせて、藤沢氏が個人で引き受ける二億四千万円の増資も報告されました。
DSC_0109

 恩田新社長は岐阜県山県市(旧・高富町)生まれ。県立岐阜北高校、京大、京大院(専門は宇宙工学!)を経て、アミューズメント施設会社に就職。その後、藤沢氏が社長を務める「Jトラスト」子会社の常務取締役などを歴任した。藤沢氏から社長就任を持ちかけられ、今月、Jトラストを退職してのFV岐阜への挑戦となった。「片道キップ」でのチャレンジとなるようで。

昨日行われた注目の社長就任記者会見の様子(全文)は、こちら。

財務状況の悪化や成績不振などで今後の展開も危ぶまれたが、藤澤氏や地元財界あげての支援を通じて大型補強を実施。今季FC岐阜は、ラモス監督を招聘しまた、川口能活や三都主などの新加入から注目を集めてきた中で、さらに攻めの姿勢に転じるJ1・2(40チーム)通じての最年少社長就任となった。

現在3勝1敗4分で14位。

大きな支援と期待が集まる中で、35歳社長の取り組みに注目が集まる。
チャレンジと、活躍を期待したい。

秋元祥治・公式ブログ http://akimotoshoji.blog.jp より

他のサイトの関連記事

赤福でお家騒動、社長解任

JXが中核事業会社3社の社長を総入れ替え

“9割の社長が知らない「経理のホント」”

FC岐阜、2.4億円増資 社長に恩田氏が就任