BLOG

Googleマップの右クリックに「距離を測定」という便利な機能が追加

2014年07月09日 23時17分 JST | 更新 2014年07月09日 23時17分 JST

2014-07-10-screenshot20140709at94441am.png

Googleマップのデスクトップ版にちょっとした便利な機能が追加された(TNW)。 マップのどの部分でもいいから右クリックしてメニューを開くと、メニューの一番下に「距離を測定」というオプションが表示される。

続いて距離を測りたい場所を次々に左クリックしていくと軌跡が追加される。出発点からの合計距離は最後の点に表示される他、左上の検索窓の一番下にも表示される。ジョギングやハイキングの計画を立てたりするのに便利なのはもちろんだが、マップの上に一筆書きでお絵かきするのにも使える。

試してみると、北アメリカの上に宇宙からレーザーでTechCrunchのロゴを描くには7888.36kmが必要だとわかった。2048年ごろには月にレーザー砲を設置して広告を描く会社ができているだろうから、その見積もりを取るのに使えそうだ。

〔日本版〕日本語版Googleマップでも「距離測定」はサポートずみ。始点、終点を含めてどの点もシングルクリックで削除、ドラグして移動ができる。表示を消すには右クリックで「測定を消去」を選択する。途中の点同士の距離は表示されないが、経路には距離の目盛りが表示される。

[原文へ]

(翻訳:滑川海彦 Facebook Google+)

関連記事

Google、提供してきたソーシャルネットワークのOrkutを9月に停止予定

GoogleのDart言語がECMAの標準規格になる

GoogleのStreet Viewが今度は豪華クルーズ船の中へ

ラリー・ペイジ、サーゲイ・ブリンがGoogleを語る―ヘルス分野は規制が重荷、手を広げすぎた方が実は効率的

(2014年7月10日「Googleマップがついに距離計測ツールをサポート」より転載)