BLOG

【台風22号】進路変更? 発達のピークに沖縄へ

最新の予報では…

2017年10月27日 18時13分 JST | 更新 2017年10月27日 18時13分 JST

tenki.jp
台風22号は、あす28日(土)に暴風域を伴い沖縄に最も接近。29日(日)には進路を東へ。30日(月)にかけて九州から関東の南海上を東進し、その後は再び進路を北よりに変え、日本の東を北上する見込みです。

発達のピークに沖縄へ

台風22号は、きょう27日(金)午後3時現在、沖縄の南を北上中。このあと、やや発達しながら北上を続け、あす28日(土)には暴風域を伴いながら沖縄にかなり接近する見込みです。沖縄は、今夜遅くから大しけとなるでしょう。あす28日(土)から29日(日)にかけては大荒れの天気です。暴風が吹き荒れ、非常に激しい雨の降る所があるでしょう。

陸地へどれだけ近づく?

29日(日)以降の台風の進路は、きのうまでの予想より定まってきたものの、陸地にどれだけ近い所を進むかは、台風が東へ進路を変えるタイミングがポイントとなります。最新の予報では、台風22号は29日(日)には進路を東へ変えて、30日(月)にかけて九州から関東の南海上を東へ進む可能性が高くなっています。ただ、予報円の北よりのコースをたどると、本州にかなり接近する恐れがあります。

また、南海上には前線があり、九州から関東は28日(土)から広く雨が降りだすでしょう。29日(日)は九州や四国に台風本体の活発な雨雲がかかる所があり、近畿から関東も太平洋側を中心に大雨となる所があるでしょう。台風21号の爪痕が残っている地域では新たな災害に警戒が必要です。

5日予報にも変化

30日(月)以降は、再び進路を北よりに変える見込みです。日本からは離れて北上すると見られますが、東北から北海道の太平洋側では波の影響が出てきそうです。海上や海岸付近では高波に注意が必要です。このあとも最新の台風情報を確認してください。

tenki.jp

(2017年10月27日 16時37分)

関連リンク


中川 裕美子
気象予報士 防災士
2007年1月より日本気象協会勤務。
ラジオやストリーミングでの天気解説、新聞やテレビの天気原稿作成などを担当。
「天気でわかる四季のくらし」(新日本出版社)を共同執筆。
一児の母となり、公私ともに奮闘中。

MORE:News