ニュース

中国、国家ぐるみで産業スパイ活動推進=米国防総省

2013年05月06日 22時10分 JST | 更新 2013年05月06日 22時17分 JST
Reuters

米国防総省(ペンタゴン)は6日、中国が急速な軍近代化を進める上で必要となる技術を得るため、国家ぐるみで産業スパイ活動を行い、海外の軍需企業への依存度を減らしているとする報告書を公表した。

報告書では「中国は軍事的な研究開発等に利用し得る技術や専門性の強化に向け、海外投資、商業合弁事業、学術交流、帰国した留学生や研究者らの経験に加え、国家が支援する産業・技術スパイを利用している」と指摘。具体的には、経済スパイ活動や企業秘密の不正入手、輸出規制違反、技術移転などが含まれるとした。

中国が発表した2013年度の国防費予想は前年比10.7%増の1140億ドルだが、米国防総省では、中国の国防費が12年度の段階で1350億─2150億ドルに達していたと推計している。[ワシントン 6日 ロイター]