ニュース

橋下氏発言、議論呼ぶ 「慰安婦制度は必要だった」 「米軍、風俗業活用を」

2013年05月13日 21時27分 JST | 更新 2013年05月27日 18時38分 JST
youtube / nipponishin

 「慰安婦制度は必要」。橋下徹・日本維新の会共同代表から、また議論を呼ぶ発言が飛び出した。日本国内だけでなく、イギリス・BBC韓国・中央日報でも発言内容を取り上げている。

 13日の大阪市役所でのぶらさがり取材で記者団からの「村山談話についてどう思うか」という質問に対して答えたもの。日本維新の会が公開している動画から発言のポイントを挙げると、

■日本は敗戦国。戦勝国である連合国サイドからすればその事実を曲げることはできない。敗戦の結果として、侵略であることは受け止めなければならない。周辺国に多大な苦痛と損害を与えたことも間違いはない。反省とお詫びはしなければならない。

■(上記のような)こういう立場というのは、一方当事者が「終わりだ終わりだ」といって終わりにすることはできない。相手方が納得するまでの時間的経過が必要。第三者的な立場の国が言うのはいいが、「戦後60〜70年経ったんだから全部チャラにしてくれよ」と当事者が言うのは違う。

と答えた後、従軍慰安婦問題について言及した。

■事実と違うことで我が日本国が不当に侮辱を受けていることには、しっかりと主張をしなければいけない。

■従軍慰安婦問題、慰安婦の方々には優しい気持ちで接しなければいけない。意に反してその職業についたということであれば、心情をしっかりと理解して優しく配慮しなければいけない。

■なぜ日本の慰安婦問題だけが世界中で取り上げられるのか。当時、世界各国の軍が慰安婦制度を持っていた。いいこととは言わないけど、当時はそういうもんだった。それなのに、なぜ欧米で日本だけがそこまで取り上げられたのか。

■日本が国をあげて強制的に慰安婦を拉致し、意に反した職業に就かせた「レイプ国家」だとして世界が批判しているんだということを日本はもっと認識すべき。軍がそういう制度を持っていたことは事実。朝鮮戦争、ベトナム戦争でもそういうのはあった。日本は国家としてレイプをやってたんだと言われている。そこは違うところは違うと言うべきだ。

■歴史認識に対する日本の政治家のメッセージの出し方の悪いところは、謝るべきところは謝って、言うべきところは言うことができないこと。全部言われっぱなしだったり、事実全体を全部認めなかったりと両極端。

■(戦争)当時の歴史を少し調べてみれば、日本だけじゃなくいろんな軍で慰安婦制度を活用していた。

■銃弾が雨嵐のごとく飛び交う中で命をかけて走っていくときに、精神的に高ぶっている集団は、どこかで休息をさせてあげようと思ったら慰安婦制度は必要なのはこれは誰だってわかる。

 また、朝日新聞によると、橋下氏が今月初めに沖縄の米軍普天間飛行場を訪問した際、司令官に「風俗業の活用」をアドバイスしたことを13日午後、記者団に明らかにしたという。同紙では次のように米国の反応を伝えている。

日本維新の会の橋下徹共同代表が、沖縄県に駐留する在日米軍の高官に「もっと風俗業を活用して欲しい」と述べたことについて、米国防総省の報道担当者は13日、朝日新聞の取材に対して「我々の方針や価値観、法律に反する。我々は地域の人々に敬意を払うよう心がけており、いかなる問題であれ買春によって解決しようという考えは持っていない。ばかげている」と話した。(朝日新聞デジタル「米国防総省『ばかげている』 橋下氏の『風俗業』発言に」2013/05/14 10:22:12)

☆みなさんのご意見をコメント欄でお聞かせください。

13日の会見動画日本維新の会ホームページより)

橋下氏の14日のツイート

橋下徹 大阪市長 ぶらさがり取材