NEWS

「日本維新の会」が失速、参院比例投票めぐる世論調査

2013年06月11日 15時22分 JST | 更新 2013年06月25日 15時55分 JST
Getty
OSAKA, JAPAN - DECEMBER 04: Japan Restoration Party deputy leader Osaka Mayor Toru Hashimoto (C) speaks to voters during his official election party campaign for the upcoming lower house election on December 4, 2012 in Osaka, Japan. Japanese vote in the general election on December 16. (Photo by Buddhika Weerasinghe/Getty Images)

参院選が間近に迫る中、報道各社が世論調査結果を報じている。成長戦略を打ち出した安倍首相。世論調査では内閣支持率にどう表れているのだろうか。それぞれ実施時期が異なるが、5月下旬~6月上旬の各社の世論調査をみていこう。

安倍内閣はやや支持率を落としているようだ。朝日新聞社の全国定例世論調査(6月8~9日実施)によると、安倍内閣の支持率は59%。前回5月調査の65%より下がった。不支持率は20%(前回18%)。

産経新聞社・FNN合同世論調査(5月25~26日)では、安倍内閣の支持率は65・6%で、前回から1・9ポイント減。共同通信の全国電話世論調査(6月1~2日)でも、前回70.9%あった安倍内閣の支持率は68.0%と減少。60%台の支持率は1月以来という。一方、不支持率は16.3%(前回16.2%)だった。

各社の世論調査では、日本維新の会の失速が目立った。参院比例区の投票先として、堅調な数字だった自民に対し、いずれも維新は順位を下げる結果となった。朝日新聞デジタルによると、日本維新の会が5%と前回7%より減少。自民は45%(前回49%)、民主7%(同8%)、公明5%(同6%)、みんな6%(同5%)など。

産経・FNN合同世論調査の結果を産経ニュースが次のように報じている。

維新は今夏の参院選比例代表の投票先としても前回調査(4月20、21両日)から4.4ポイント減の6.4%となり、民主党(8.8%)に抜かれて3位に転落。橋下氏の発言が維新への支持を急落させる格好となった。参院選比例の投票先のトップは自民党の45.0%だった。
産経ニュース2013/5/27 12:47)

維新の失速は、橋下徹共同代表の従軍慰安婦をめぐる発言が影響したようだ。産経・FNN合同世論調査でも、橋下共同代表の発言について、75.4%が「不適切」と回答。「適切」は16.8%だったという。

また、自民堅調の背景については、アベノミクスへの評価が考えられる。安倍首相は成長戦略に「原子力発電の活用」を盛り込んでおり、原発の活用や「安全と認められた原発の再稼働」方針に疑問を呈する世論もある。

朝日新聞社の世論調査によると、原発を積極的に利用する方針の是非については、反対59%が賛成27%を上回った。JNNの世論調査(6月8~9日)でも、政府が進める海外への原発輸出については、「反対」と答えた人が59%で賛成の28%を上ったという。共同通信が5月18、19両日に実施した全国電話世論調査では、「安全と確認された原発の再稼働」については、反対が54.3%、賛成は37.2%だったという。

ネット上では原発の活用や再稼働について次のような意見が出ている。

各政党は参院選に向け、公約やマニフェストづくりの動きを加速させています。あなたにとって争点は何ですか。一票をどう投じますか。ご意見お聞かせください。

関連記事

ニュースで見る橋下徹市長 画像集