ニュース

北朝鮮、初の「総合リゾート」建設へ

2013年07月05日 00時51分 JST | 更新 2013年09月24日 19時24分 JST
Getty
Beach resort area south of Wonsan, East Sea of Korea, Democratic People's Republic of Korea (DPRK), North Korea, Asia

朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が、同国初となる「ビーチリゾート」の建設を計画している。

韓国紙『中央日報』によると、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)第一書記は、観光を促進する目的で、元山(ウォンサン)市の工業港をリゾート地に転換する計画を進めているという。

現在の元山市は、海軍基地のほかは工場が立ち並ぶ工業都市だが、今後はこの場所に金融街やスポーツ施設、娯楽施設を開発していく予定だという。開発計画は、「元山市総合計画」と呼ばれる文書にまとめられている。[元山市は日本海側にあり、新潟港に入港していた万景峰号の母港でもある。現在でも国際観光都市として開放されており、中国人の観光客が多い。金正恩第一書記の父親、金正日(キム・ジョンイル)氏が気に入っていた保養地のひとつでもあった]

イギリス紙『テレグラフ』によれば、北朝鮮はこの計画に際して外国人投資家を引き込み、資金を集める考えだという。韓国、ソウルの情報提供者は、「北朝鮮は、シンガポールの企業から100万ドル以上の出資を期待している」と話している。

今年はじめには、北朝鮮の国営メディアである朝鮮中央通信が、同国内にスキーリゾートを建設する計画を報じた。この記事には、雪に覆われた馬息嶺(マシンリョン)の建設現場を視察する金正恩第一書記の写真が掲載された。

[馬息嶺は、元山市の西側にある山並み。朝鮮新報の日本語版記事によると、現在人民軍が急ピッチでスキー場の建設を進めているほか、3つの郡にまたがる広大な台地に、牧草地や畑、畜舎、畜産物加工拠点、調整池、住宅、防風林なども造成している。北朝鮮では、「社会のあらゆる面で馬息嶺速度を達成しよう」というキャンペーンが行われている。以下の動画は、平壌で市民10万人が集まって行われた、馬息嶺計画を推進するための集会]。

AFP通信の記事によれば、欧米からは毎年4000~5000人の観光客が北朝鮮を訪れているという。

しかし、外国人観光客が自由に行動ができるわけではない。最近、北朝鮮を旅行したジュリエット・リックス氏は、BBCの記事の中で次のように語っている。「北朝鮮は、観光ルートが決められたツアーへの参加でのみ訪問できる。訪問先で自由に行動することは許されない。地方での滞在中には、ホテルの出口に向かって歩いただけで、どこからか突然4人の兵士が現れ、慌てた様子で大声をあげていた」

[日本の外務省は、2006年の北朝鮮の核実験に伴って「北朝鮮に対する渡航情報(危険情報)」を出し「渡航を自粛してください」としている(罰則はない)]

[The Huffington Post UK (English) 日本語版:兵藤説子、合原弘子/ガリレオ]

関連記事

【北朝鮮】金正恩氏関連の写真集