ニュース

宇宙飛行士を夢見る少年にNASAから手紙が 感動的なその内容とは?

2013年07月15日 18時33分 JST | 更新 2013年07月15日 18時56分 JST

「どうしたら宇宙飛行士になれますか?」

宇宙飛行士を夢見る少年がNASAへ書いた手紙に、まさかの返信が届いた。少年のまっすぐな夢に誠実に応えたNASAに称賛の声が上がっている。

■7歳の少年が書いた宇宙への夢

"My name is Dexter I heard that you are sending 2 people to Mars and I would like to come but I'm 7. So I can't. I would like to come in the future. What do I have to need to do to become an astronaut?"

「僕の名前はデクスターといいます。NASAが2人の宇宙飛行士を火星に送ると聞いて行ってみたいと思ったのですが、僕はまだ7歳なので無理だと思います。でも、いつか行ってみたいです。宇宙飛行士になるにはどうすればいいですか?」

手紙を書いたのはイギリスに住むデクスター・アンダーソン君、7歳。手書きで一生懸命書いた文章に二人の宇宙飛行士(と思われる)絵も添えられていた。

この手紙のことを聞いた母親のカトリーナ・アンダーソンさんは「世界中の子どもたちから同じような質問が届いているはず」と考え、「返事は期待できないわよ」と息子に話しながらも、念のためNASAにネット経由で送信しておいたという。すると後日、なんとNASAからデクスター君へ丁寧な返事の手紙が自宅に届いたというのだ。

イギリスのデイリーメール紙によると、返事には宇宙飛行士になる夢を後押しする文章と、火星探査車「Curiosity Rover」やプロジェクトについての写真、さらにステッカーやしおりのセットまで同封されていたという。

「Dear Dexter(親愛なるデクスター様)」から始まるNASAからの手紙には、「想像してごらん。数年後、宇宙や地球を研究する世界トップクラスのチームに君が加わっていることを」とデクスター君の宇宙への情熱を後押しするような文章が書かれてあり、「NASAに興味を持ってくれてありがとう。私たちは、君が学校でいい成績を取って、宇宙に輝く星へ少しでも近づけるようにといつも応援しているよ!」と締めくくられている。

また、宇宙飛行士を目指す上で参考になるウェブサイトのリストも挙げられていた。さらに「もしも学校や家でインターネットが使えないのなら、近所の図書館に行ってパソコンを使わせてもらいなさい」という丁寧なアドバイスまで付いている。

手紙が届いた時のデクスター君の様子について、母親のカトリーナさんは次のように語っている。

「手紙が届いたことを知った息子は本当にびっくりして、まさかNASAから返事が来るなんて思っていなかったような様子でした。興奮しながらも丁寧に手紙を開き、そして大声で内容を読んでくれました。中に入っていた宇宙の写真は自分の部屋で厳重に保管することにしたようです。昨年、家族でケネディ宇宙センターを訪れてからというもの息子は科学と数学が大好きになりました。宇宙への関心はとどまるところを知りません!」

NASAの広報担当者によると、「宇宙飛行士になりたい」という内容の手紙やメールは1週間で500通ほど届くという。

■ツイッターなどで称賛の声

「最高!」

「これこそ、子どもたちの夢をかなえるために私たちがやるべきこと」

☆みなさんのご意見、コメント欄にお寄せください。

関連記事

Dexter's Letter To NASA