ニュース

NEC、スマホ事業から撤退 ガラケーは継続

2013年07月31日 23時01分 JST | 更新 2013年07月31日 23時04分 JST
GettyImages

NECがスマートフォン事業からの撤退を正式発表、従来型携帯電話の開発・生産は継続

NECがスマートフォン事業からの撤退を正式に発表しました。従来型携帯電話(いわゆるフィーチャーフォン)の開発・生産は継続するとしています。 NEC の発表によると、本日7月31日付でスマートフォンの新規開発を中止し、現在販売中の機種をもって生産および販売を終了します。スマートフォンに関する保守は引き続き行うとのこと。なお従来型携帯電話機とタブレット製品の開発と生産は継続するとしています。

撤退という決断に至った理由は、「ICTを活用した高度な社会インフラを提供する「社会ソリューション事業」を軸とした成長戦略を加速」するための経営資源集中。スケールメリットが重要な市場環境の中、携帯電話端末事業は出荷台数が減少傾向にあり、今後の業績改善を見通すことが難しくなったことを挙げています。

NECカシオモバイルコミュニケーションズ社の従業員については、継続事業に従事する従業員を除き、NECグループ内で社会ソリューション事業を中心に再配置するとしています。

【関連記事】

関連記事

IT企業の創業者画像集