NEWS

旭日旗「問題なし」日本政府が見解作成へ

2013年08月06日 15時08分 JST | 更新 2013年08月06日 15時51分 JST
Getty
KASHIWAZAKI, JAPAN - JULY 17: Maritime Self-Defense Force vessels arrive at Kashiwazaki Port to conduct rescue activities at sites hit by yesterday's magnitude 6.8 earthquake, on July 17, 2007 in Kashiwazaki, Niigata Prefecture, Japan. Nine people have died and more than 900 injured, with over 780 houses destroyed in Niigata Prefecture on Honshu Island. (Photo by Koichi Kamoshida/Getty Images)

日本政府が、旭日旗の使用を「問題ない」とする公式見解を作成中であることを、8月6日、産経新聞が報じた。

韓国内で「軍国主義の象徴」「戦犯旗」と決めつけ、敵視する傾向が強まる旭日旗について、日本政府が「使用は問題ない」との認識を示す見解を作成中であることが5日、分かった。旭日旗は、日の丸(日章旗)と並んで日本を象徴する旗であり、自衛隊も長く使用し、国際的にも広く受け入れられている。政府は、旭日旗の意義を内外に改めて示し、韓国内の反日的風潮を牽制(けんせい)する狙いがある。



(MSN産経ニュース「旭日旗使用「問題なし」政府、見解作成へ 韓国の反日ナショナリズムを牽制」より 2013/08/06 08:27)

■サッカー日韓戦で問題に

旭日旗をめぐっては、スポーツの場で問題が表面化している。今回の政府による見解作成の直接のきっかけとなったのは、7月31日に韓国で開催された男子サッカー・東アジアカップ、日本・韓国戦で韓国サポーターが政治的な横断幕を掲げたことだ。

FIFA(国際サッカー連盟)の規約では試合会場での政治的主張は禁じられており、日本サッカー協会は抗議した。韓国のサッカー協会はこの件に関し、「会場で旭日旗が振られていたことが発端」と主張し、両国の政府中枢がコメントする事態に発展した。

韓国のサッカー協会は31日、東アジアサッカー連盟に回答文を送り、この中で「日本のサポーターが大きな旭日旗を振り、韓国サポーターを強く刺激したのが事態の発端だ。旭日旗は、韓国国民には歴史的な痛みを呼び起こす象徴だ」と主張したことを明らかにしました。

旭日旗は旧日本軍が軍の旗として使っていたことから、韓国ではこれまでも、スポーツの会場で振られると反発が出ていました。

また、この問題で、下村文部科学大臣が「こういうことは国の民度が問われることだと思う」と発言したことについて、韓国外務省は「無礼であり、極めて遺憾だ」とするコメントを出しています。



(NHKニュース「韓国サッカー協会「発端は旭日旗」」より 2013/07/31 16:35)

2011年の男子サッカー・アジアカップ、日本・韓国戦でも、ゴールを決めた韓国の選手が左手で顔を掻く仕草をして問題となり、釈明を求められた選手が「スタジアムで見たから」と旭日旗を引き合いに出したこともある。(その後、この証言を撤回している)

まず日本の旭日旗。これまで日本サッカー協会の意向もあり、韓国戦でのスタジアム内への持込みや使用は事実上禁止となってきた。日本代表サポーター内でも、最近では自粛ムードが高まっていた。



その背景には、2011年のアジアカップ日韓戦において、日本人を揶揄する行為をしたキ・ソンヨンが、その行為の理由としてスタジアムで旭日旗を見かけたのでその報復と証言(その後に撤回)、日韓の代表戦が政治問題化することを避けた判断があった。



(フットボールチャンネル「なぜ韓国サポーターは政治的な横断幕を掲げ、旭日旗に反発するのか?」より 2013/07/30)

■旭日旗論争、ポイントは戦争との関連

旭日旗の是非をめぐる論争のポイントは、旭日旗が軍国主義と結びつくかどうかという点だ。

朝日を図案化した日本の旗。白地の旗面に、放射状に光線を放つ日の丸が赤で描かれている。明治時代から第2次世界大戦敗戦まで軍旗として採用され、現代では陸上・海上自衛隊が使用しているほか、民間でも祝事やスポーツの応援などで用いられている。



(コトバンク「旭日旗 とは」より 2012/08/20)

否定的な意見で代表的な論拠は、「軍旗として使われた過去から戦争を想起させる」、「ナチスの党旗のようなものだ」というもの。一方で肯定派は、「旭日旗と思想は直接関係ない」、「戦後も自衛隊が使用しており、国際的に認められたもの」という意見がよく見られる。

主な意見を整理する。

韓国外務省の声明。

韓国外務省報道官は1日の定例会見で「(旭日旗が)韓国国民と、過去に日本帝国主義の被害を受けた人々に、どのような意味を持つものか日本はよく分かっているのではないか」と述べた。



(MSN産経ニュース「「日本は意味分かっている」 旭日旗使用で韓国外務省」より 2013/08/02 01:00)

ジャーナリストの江川紹子さんの意見。

アルピニストの野口健さんの意見。

冒頭の産経新聞の記事。

朝、東から昇る太陽をかたどった旭日旗は、日の丸とともに「日の本の国」を象徴する。外国人から「クールだ」といわれることもある。縁起がよく元気が出るデザインとして、大漁旗も含め広く使われている。朝日新聞の社旗も旭日旗の意匠の一部を使っている。



日本海軍の軍艦旗、日本陸軍の連隊旗も旭日旗の一種だった。大東亜戦争を含め、明治以来の近代日本の戦いには旭日旗と日の丸がへんぽんとひるがえっていたが、それを理由に排斥するのは無理がありすぎる。



(MSN産経ニュース「旭日旗使用「問題なし」政府、見解作成へ 韓国の反日ナショナリズムを牽制」より 2013/08/06 08:27)

※旭日旗の使用についてみなさんはどう思いますか。ご意見をお聞かせください。

【関連記事】