あの人のことば

ソチ五輪を目指す安藤美姫選手に高須院長の支援届く―高須クリニックのCMに登場

2013年09月13日 18時00分 JST | 更新 2017年08月20日 23時14分 JST
猪谷千香

2014年に開かれるソチ五輪出場を目指しているフィギュアスケート女子の安藤美姫選手が、ついに高須クリニックのCMに登場した。高須クリニックの高須克弥院長はかねてより安藤選手へ支援したいと申し出をしており、安藤選手側がそれを受け入れて実現した。

高須院長によると、8月に安藤選手がアメリカから帰国した直後、都内のホテルで安藤選手に面会、支援を約束した。「安藤選手はパパラッチがすごくて大変なことや、地元が僕と同じ名古屋でしたので、地元のことなどをリラックスしたムードで話しましたよ。本人には、スケートのことだけに集中してもらいたいので、『その他、心配なことは言ってね。全てサポートするから』と伝えました」と高須院長。二人は意気投合したという。

支援の第一弾となるCM出演は、安藤選手のこれまでの映像を使用した。その理由について、「今回は、安藤選手の練習時間を奪いたくないので、今までの素材を使ってCMを作りましたが、今後、安藤選手に時間的な余裕ができれば新作を撮影したいけどね」と話す。

高須院長は篤志家としても知られ、「高須克弥記念財団」を設立して日本アイスホッケー連盟をサポートするなどの活動を行っている。しかし、今回の安藤選手への支援は財団ではなく、個人的なもの。「僕は、シングルマザーでがんばっている人を見ると黙ってられないんだよ。シングルマザーフェチかもね」という高須院長。安藤選手へ「美姫ちゃんのファンを増やすサポートをこれからもドンドンやっていきます。でも、主役は応援する側の僕ではなく、あくまでも美姫ちゃんなんだから、美姫ちゃんにとって一番いい形でサポートしていきますから安心して練習に励んでくださいね」とあらためてエールを送った。

安藤選手は現在、日本スケート連盟の強化指定から外れており、ソチ五輪を目指すには10月に新横浜で開催される関東選手権の結果次第で強化選手への復帰が決まる。

高須克弥院長

安藤美姫選手の写真集