ニュース

「リーガルハイ」新垣結衣演じる弁護士の学歴を訂正 黛先生「訴訟問題に発展することも」

2013年10月24日 16時24分 JST | 更新 2013年10月24日 16時38分 JST
fujiTV

俳優・堺雅人が主演するフジテレビ系ドラマ「リーガルハイ」(水曜後10・00)で、新垣結衣演じるまじめな弁護士・黛真知子のプロフィールに誤りがあったことがわかった。公式サイトが23日、「訂正とお詫び 黛真知子弁護士の学歴に関して」と発表した。黛は、堺雅人演じる破天荒な敏腕弁護士・古美門研介の相棒をつとめている。オリコンが報じた。

俳優・堺雅人主演のフジテレビ系ドラマ『リーガルハイ』(毎週水曜 後10:00)で、新垣結衣が演じる黛真知子弁護士の一部プロフィールが、急きょ修正された。



(オリコン「『リーガルハイ』、新垣結衣演じる弁護士の一部学歴を訂正」より 2013/10/24)

公式サイトのプロフィールによれば、黛は小学校から高校までお茶の水女子大付付属に通ったことになっていたが、第3話には塚地武雅が演じた高校の同級生・熊井健悟が登場。黛が熊井から弁護依頼を受けるシーンがあったのだ。黛は、女子高に通っていたはずなのに、同級生に男子がいたことになる。

黛の学歴に誤りがあったことをうけて、公式サイトは本人のコメントも交えて以下のように謝罪している。

黛先生ご本人に確認したところ、黛先生がお茶の水女子大附属に通われていたのは小、中学校までであり、高校は共学であるとのことでした。訂正してお詫びいたします。



黛先生からは「個人のプロフィールを公表するときは、必ず本人に確認をとりましょう。訴訟問題に発展することもあります」とのご指導を賜りました。

黛先生ならびに関係者の皆様にご迷惑をおかけしましたことを心よりお詫びするとともに、今後このようなことがないよう再発防止に努める所存です



(フジテレビ「リーガルハイ公式サイト」より 2013/10/23)

「リーガルハイ」は初回から高視聴率を記録。松平健や佐藤隆太、塚地武雅など、各回の豪華ゲストも話題を呼んでいる。第4回のゲストは、広末涼子。スペシャルドラマで演じたドSな裁判長を演じるという

※「リーガルハイ」で誤ったプロフィールが公開されていたことについてどう思いますか? ご意見をお寄せください。

【ドラマの関連記事】

関連記事

堺雅人・写真集