hanzawanaoki

全10話のうち、最も見た人が多かったのは10話でした。その人数は?
『半沢直樹』で、彼女たちの主体性をもっと尊重するような役割を与えることができなかったことが惜しい。
第9話で話題となった大和田のスマホ。その中からはやはり「○○愛」が強すぎる“プライベート”が垣間見えた、かもしれない。
第一話の放送後には「あの携帯、大和田さんはどう拾うんだろう」などと予想合戦が繰り広げられていたが...果たして、その答えは?
嫌がる半沢を無理矢理、土下座させようと馬乗りになる大和田の姿にネットが騒然となりました。
第9話の予告映像が話題に。もしかすると、今回の“倍返し”の標的は1人ではないかもしれない...。そして、「伊勢志摩ステート」の謎とは?
社会状況と相反した表現が、どこまで許容されるものだろうか。『半沢直樹』は分水嶺といえるだろう。
原作には登場しない“大和田常務”が、「9月6日」に異常なまでにこだわる理由は一体何なのか。
堺雅人さん、及川光博さん、片岡愛之助さん、児嶋一哉さん、香川照之さんーーの5人のキャストが出演する。『生放送!!半沢直樹の恩返し』が、た・の・し・み・DEATH😊
9月6日の『半沢直樹』生放送、みなさんはどんな出演者でどんな内容の番組が見たいですか? 楽しみdeath😊
人気ドラマだけに反響は大きい。生放送の内容は明らかになっていない。
人気声優の登場に期待の声が集まる一方、ファンがすでに感じている「“嫌な予感”」とは...。
「黒崎さん、どうか...声優界ではプリンスなんで」。宮野さんのファンらは、黒崎に“あること”だけはしないように懇願している。
俳優・江口のりこさんの魅力とは。共通しているのは、主演ではなく「助演」としての出演が圧倒的に多い点だ。
非常に多くの人がリアルタイムでドラマを楽しんでいたこともわかりました。
今作では、東京セントラル証券で営業企画部長となった半沢に巻き起こる事件を描く。
社会現象にもなった「半沢直樹」の新シリーズ。放送を見逃した人から「見たかった...」との声が相次いでいます。