ニュース

銀河系に地球型惑星が約88億個存在する可能性をNASAが発表「我々は独りではない」/ ハフィントンポスト本日のスプラッシュ 11月5日

2013年11月05日 18時57分 JST
The Huffington Post

ハフィントンポスト各国版11月5日のスプラッシュを紹介します。スプラッシュとは、ハフィントンポストのトップ記事のこと。

NASAの研究データに基づく最新の研究によって、天の川には地球と同じ大きさで、同じ気温状態の惑星がおよそ88億個ほど存在することが明らかになりました。この研究結果によって、地球外生命体が実在する可能性が大きく拡大すると言われています。

今後は、高精度な宇宙望遠鏡を使って、これらの惑星に地球と同じような大気が存在するか否か確かめる研究が行なわれる予定です。

各国版本日のスプラッシュ 11月5日

【US(アメリカ)版】アーティストたちが描く太陽系外惑星

Artists' Conceptions Of Extrasolar Planets

【カナダ版】上院における重要な発言集

Key Senate Scandal Quotes

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています