ニュース

不二家でも偽装表示 首都圏63店舗で 実は「ステーキ」が...

2013年11月08日 22時59分 JST | 更新 2013年11月08日 23時01分 JST
JIJI

不二家、首都圏63店舗で偽装表示 成形肉「ステーキ」

洋菓子メーカーの不二家は8日、「成形肉」を説明なく「ステーキ」と表示し、首都圏などの「不二家レストラン」63店舗で売っていたと発表した。同社は2007年、店舗で売っていた一部洋菓子に期限切れの原材料を使っていたことが判明して経営危機に陥った経緯がある。

提供していたのは、「ビーフステーキ」「牛フィレステーキ&オムライス」などの5メニュー。数個の肉を寄せ集め、結着剤を使って固まりにした肉だったという。

ただ、同社は払い戻しなどの対応はせず、東日本大震災の被災地の子どもたちの部活動に寄付することを決めたという。「贖罪(しょくざい)寄付することが最良と考えたので、理解をいただきたい」と説明している。

(朝日新聞デジタル 2013/11/09 00:32)

asahi shimbun logo

(朝日新聞社提供) 

関連記事

大企業の大失敗集