ライフスタイル

睡眠時間が、多い職業と少ない職業 ランキング(インフォグラフィック)

2013年12月05日 18時50分 JST | 更新 2013年12月05日 18時50分 JST
Tetra Images via Getty Images

メトロノース鉄道の運転士ウィリアム・ロックフェラーが運転する電車が脱線し、4人が死亡、数十名が負傷した。この事故が起こる前に、実は彼が居眠りをしていたという報道が本当ならば、極度の睡眠不足のためにミスを犯した交通機関の勤務者は、彼だけではないだろう。列車の運転士や飛行機のパイロットのうち4分の1が疲労の為、週に1回は業務に影響が出ていると答えた。これは、アメリカ国立睡眠財団が行った2012年の調査で明らかになったことである。

しかし、睡眠不足が事故の引き金になるのは、交通業界だけに限ったことではない。勤務者の疲労が深刻な業界を調べる為に、マットレスのメーカーであるSleepy社は、アメリカ疾病管理予防センター (CDC) が2012年に行った国民の健康に関する聞き取り調査のデータ (現在入手できる最新のデータ) を分析した。そして、勤務者の睡眠の充足度に基づき、ワーストな職業とベストな職業を上位20位まで順位付けした。

普通の成人は、7時間から9時間の睡眠が必要である。

以下、上記の職業について(睡眠時間が短い順)

Home Health Aides 在宅医療助手

Lawyers 弁護士

Police Officers 警察官

Physicians/Paramedics内科医/救急救命士

Economists 経済学者

Social Workers 社会福祉士

Computer Programmers コンピュータプログラマー

Financial Analysts 財務アナリスト

Plant Operators プラントオペレーター

Sceretaries 秘書

Teachers 教師

Aircraft Pilots パイロット

Engineers 技術者

Landscapers 造園家

Athletes アスリート

Construction Workers 建設労働者

Bartenders バーテンダー

Sales Representatives 営業担当員

Hairstylists ヘアースタイリスト

Forest/Logging Wokers 林業労働者

CAは民主党派、パイロットは共和党派......職業によって違うアメリカの支持政党(調査結果)-from-mt-210654

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

[(English) Translated by Gengo]

gengo logo

睡眠不足かもしれない6つのサイン