ニュース

今年の漢字、2013年は「輪」

2013年12月12日 15時09分 JST | 更新 2013年12月12日 19時00分 JST
時事通信社

2013年の世相を表す「今年の漢字」は、「輪」に決定した。「漢字の日」にあたる12月12日、京都・清水寺で発表。日本漢字能力検定協会の一般公募で最多だったことを受けて、森清範(もりせいはん)貫主(かんす)が揮毫した。

【関連記事】

「今年の漢字」の選定は、1995年から毎年行われており、今年で19回目。揮毫された漢字は、今年一年の出来事を振り返り、来年の幸せを願う目的で清水寺に奉納。12月13日から12月31日正午まで清水寺で一般公開される。ネット上の予想も盛り上り、「風」「謝」「倍」「艦」「天」などの候補が挙がっていた。

今年の漢字 1995〜2016年

最終的に「輪」が選ばれたことについて、森貫主は以下のようにあいさつした。

「オリンピックが日本に誘致されたという思いが輪になったんだろうと思います。輪という字には大勢の方々が加わって円滑に回転していくという意味が込められています。『わ』という読みは、平和の和にも通じます。平和な輪のつながりをつくりましょう」

ニコニコ生放送より)

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています


消費者が選ぶ2013年の時事・世相ランキング
2013年 YouTube再生数トップ10ランキング(国内)