abeseiken

「ウソの構図」が放置されたまま、今後も、安倍氏やその支配下、影響下にある政治家が日本の政治を動かすことは決して許してはならない。
「桜を見る会」の「前夜祭」に関して安倍前首相側が会費800万円以上を補填していたことがスクープされた。今回の検察捜査を踏まえ、改めて桜をみる会の問題を“盤面解説”する。
政治分野におけるジェンダーギャップ指数が、世界144位であった日本(2019年)。状況が変わらない要因、そして今後求められる取り組みとは──。
「政権の終わりの支持率としては小泉内閣の末期を上回る異例の高さです」とTBSは報じている。
自民党総裁選に立候補を表明した岸田氏。安倍晋三政権への直接的な批判は避けたが、路線の違いは明らかだった。3つのポイント。
この7年間は、“公的な制度に守られている”ように見える人々へのバッシングが繰り返された。それは、「失われた30年」の果ての地獄の光景だったーーー。
この国が「弱者を見捨てる社会」になるのか、それとも「助け合い」を復権させる社会を目指すのか。私はコロナ禍の今が、大きな分岐点だと思っている。
リーマンショック時の10倍の規模を計上。政府の裁量が大きいとされる予備費の「使途」に、疑問の声があがっている。
厳格なロックダウン(都市封鎖)などをせずにここまで至った理由について、複数の海外メディアが検証している
政治家だけではなく、俳優やアーティストら多くの著名人も疑問の声を上げている。
安倍政権と日産自動車の「ガバナンス崩壊」には、共通の要素がある。ガバナンスに不可欠な「ある要素」が著しく欠如しているのだ。
新型コロナウイルス問題で東京都が週末に外出自粛要請をした。小池百合子都知事は感染爆発するかどうか「重大局面」を迎えていると言ったが、経済はとっくに重大局面を迎えている。