ニュース

張成沢氏の妻、夫の処刑後も体制の中枢に【北朝鮮】

2013年12月15日 22時23分 JST | 更新 2013年12月17日 01時59分 JST
Reuters

reuters logo

北朝鮮の金正恩第1書記の叔母で、故金正日総書記の妹に当たる金敬姫氏(67)が、夫の張成沢氏の処刑後も体制の中枢にとどまっていることが分かった。

朝鮮中央通信社(KCNA)は14日夜、先日死去した朝鮮労働党幹部、金国泰氏のための国家葬儀委員会のメンバーとして敬姫氏を発表した。

張成沢氏は国家転覆を目論み、経済を「手に負えないほどの壊滅状態」に陥れようとしたとして処刑された。その後、妻の敬姫氏の動向は分かっていなかった。

葬儀委員会の名簿は北朝鮮体制を知る数少ない手掛かりの1つ。

[ソウル 15日 ロイター]

関連記事

北朝鮮・張成沢氏を処刑