ニュース

400万回以上再生、Appleの新CMが感動的【動画】

2013年12月20日 23時37分 JST | 更新 2013年12月21日 00時20分 JST

本来は私たちを結びつける物であるはずのスマートフォン、タブレット、そしてコンピュータは、かけがえのない人たちから、私たちをしばしば引き離してしまう。実世界では、友達や家族が孤独感や無視された感じを持ってしまうのだ。

アップル社もこの事はよく理解している。今回のホリデー向け新CM「Misunderstood」では、そういった悪い面だけではないこと伝えるための感動的な動画だ。

この動画では、ティーンエイジの男の子が iPhone 5s、 AirPlay と Apple TVを使って、涙腺を刺激する家族の映像(YouTubeの動画ではノーカット版が掲載されている)を制作し皆に見せている。そのメッセージは、自分で周囲から孤立してしまう状態をはっきりと捉えつつも、Appleの製品は人の心に入り込むだけではなく、正しく使われることによって想像力、芸術、そして愛さえも作り出す道具になるということである。

[(English) Translated by Gengo]

gengo logo

ハフィントンポスト日本版はFacebook ページでも情報発信しています

関連記事

Love In One Photo
有名な絵画にピッタリはまった、現代のガジェット