ニュース

オルフェーヴル、有馬記念で優勝 圧巻の8馬身差

2013年12月22日 17時12分 JST | 更新 2013年12月22日 17時14分 JST
時事通信社

12月22日、第58回有馬記念が千葉県船橋市の中山競馬場で行われた。2011年の三冠馬で、このレースを最後に引退する1番人気のオルフェーヴル(池添謙一騎乗)が2分32秒3で2年ぶり2度目の優勝を果たした。MSN産経ニュースが報じている。

GI6勝目を挙げるとともに、1着賞金2億円を獲得した。有馬記念2勝は史上6頭目。

(MSN産経ニュース「オルフェーヴル、有終の美 引退レース、圧巻の有馬2勝」より 2013/12/22 16:05)

47NEWSによると、オルフェーヴルは4番人気だった2着のウインバリアシオンに8馬身差で圧勝。3着には2番人気のゴールドシップが入ったという。